ビアリッツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Biarritz
Blason Biarritz 64.svg  Biarritz flag.svg
France-Biarritz-Grande Plage-2005-08-05.jpg
行政
フランスの旗 フランス
地域圏 (Région) アキテーヌ地域圏Flag of Aquitaine.svg
(département) ピレネー=アトランティック県
(arrondissement) バイヨンヌ郡
小郡 (canton) 2
INSEEコード 64122
郵便番号 64200
市長任期 ディディエ・ボロトラ
2008年 - 2014年
人口動態
人口 30 055人
1999年
人口密度 2576人/km²
地理
座標 北緯43度28分54秒 西経1度33分22秒 / 北緯43.481667度 西経1.556111度 / 43.481667; -1.556111座標: 北緯43度28分54秒 西経1度33分22秒 / 北緯43.481667度 西経1.556111度 / 43.481667; -1.556111
標高 平均:?m
最低:0m
最高:85m
面積 11.66km² (1 166ha)
Biarritzの位置(フランス内)
Biarritz
Biarritz
テンプレートを表示

ビアリッツフランス語Biarritzガスコーニュ語Biàrritzバスク語Miarritze)は、フランス南西部、アキテーヌ地域圏ピレネー=アトランティック県の町規模のコミューンで、大西洋ビスケー湾に面している。19世紀以来、王族貴族の集うリゾート地として知られた。現在はサーフィンを楽しむ人々もやってくる。フランス領バスクラブール地方に属する。

歴史[編集]

旧ヴィッラ・ウジェニー、現在のオテル・デュ・パレ

12世紀以来、捕鯨を生業とする小さな漁村であった。18世紀から、海に面した環境が良いとして医師が勧めたことから、療養地となった。1854年、皇后ウジェニー・ド・モンティジョが別荘(現在のオテル・デュ・パレ)を建てたことから、にわかに脚光を浴びた。イギリス王家は定期的に休暇に訪れるようになった。イギリス女王ヴィクトリア、イギリス王エドワード7世、スペイン王アルフォンソ13世といった人々が、頻繁にビアリッツを訪問した。

下記のことばがある[1]

  • 「私はビアリッツより魅力的でより素晴らしい場所をおよそ知らない」(ヴィクトル・ユーゴー
  • 「2つの浜辺のどちらをとるか人が躊躇するとき、その片方は常にビアリッツである」(サシャ・ギトリ

1949年7月29日 - 8月5日詩人映画作家ジャン・コクトーらによって、初めての「作家の映画」の祭典である「呪われた映画祭」が開催された。同映画祭は翌1950年、第二回が同所で開かれて、終了となった。

姉妹都市[編集]

みどころ[編集]

  • アジア美術館
  • 海洋博物館

スポーツ[編集]

マリンスポーツとラグビーの盛んな街として知られている。

正教会の教会。ビアリッツへやってくるロシア貴族のため建てられた 
サント=ウジェニー教会 
アールデコ時代に建てられたカジノ 

[編集]

  1. ^ 仏語版Wikipedia Biarritz の項を参照。

外部リンク[編集]