レ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レ島
Ile-de-Re vue du ciel.JPG
座標 北緯46度12分 西経01度25分 / 北緯46.200度 西経1.417度 / 46.200; -1.417
面積 85.32 km²
最高標高 20 m
所在海域 大西洋
所属国・地域 フランスの旗 フランス
テンプレートを表示

レ島(レとう、フランス語: Île de Ré)は、フランスシャラント=マリティーム県イル・ド・レとも呼ばれる。ラ・ロシェル西方の大西洋に浮かぶ。島は長さ約26キロ、幅は70メートル(最も狭いところ)から5キロで、1988年に2.9キロの橋がかかり本土のラ・ロシェルとつながった。フランス有数のリゾート地で、冬季は1万6千人の人口の島が、夏季には人口が16万人にもなる。

行政[編集]

島内には10のコミューンがある。

歴史[編集]

ローマ時代に名前が登場する。1627年イングランドバッキンガム公ジョージ・ヴィリアーズ指揮で島は侵略を受けた(ラ・ロシェル包囲戦)。第二次世界大戦中はドイツ軍が駐留し、海岸に掩蔽壕(ブンカー)を据えた。掩蔽壕は現在も多く残る。1962年の映画『史上最大の作戦』のいくつかのシーンで、イル・ド・レの海岸が登場する。

第二次大戦当時のドイツ軍の掩蔽壕の後

観光[編集]

観光船バック号と建設中の本土とを結ぶ架橋、1987年の撮影、橋は既に完成している。

晴れの日が多く、風が穏やかなイル・ド・レは人気の観光地である。水温は概ね低いが、島の周囲は緩やかな傾斜のある砂浜である。パリから電車で3時間でラ・ロシェルへ来ることができ、タクシーで島へ渡れることから、週末に島の別荘を訪れる人が多い。休暇で訪れる人々の自転車が島内で目立つが、彼らが自家用車を持ち込むのは非常にまれである。キャンプ場やホテルが至る所にある。大きなスーパーマーケットがあるので長期滞在に便利である。夜には、港のサン・マルタンとラ・フロットが賑わう。レストラン、営業時間の長い商店が軒を並べ、家族的な雰囲気である。新鮮なカキほか魚貝料理が食べられる。

産業[編集]

大西洋に面したレ島では、12世紀初頭、シトー修道会(シトー会)により初めて塩田が作られて以来、現在に至るまで製塩が重要な島の産業になっている。なかでも、塩の花フルール・ド・セルは、繊細で深い味わいがあるという高い評価を得ている。