ウェッデル海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
南極の衛星画像:左上の「湾」部分がウェッデル海である

ウェッデル海Weddell Sea)は、南極海の一部を構成する海域。西を南極半島、東をコーツランドに挟まれたである。面積は2800万km²で幅は最大で2000km。南部はエレファント島を含めフィルヒナー・ロンネ棚氷(Filchner-Ronne Ice Shelf)に覆われている。バークナー島(Berkner Island)を境に、東がフィルヒナー棚氷、西がロンネ棚氷と呼ばれている。

名前は、1823年にウェッデル海の南緯74度まで達したジェイムズ・ウェッデルからつけられた。最初の広範な探検はウィリアム・ブルースにより1902-1904年になされた。

また、この地の領有権を主張しているのはイギリスイギリス領南極地域)、アルゼンチンアルゼンチン領南極地域)、チリチリ領南極地域)の三カ国である。

執筆の途中です この項目「ウェッデル海」は、極地(北極・南極・グリーンランド)に関連した書きかけ項目です。加筆、訂正などをして下さる協力者を求めています

座標: 南緯75度 西経45度 / 南緯75度 西経45度 / -75; -45