アゾフ海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Black Sea map.png
アゾフ海(中央) 西はクリミア半島。南の黒海と結ぶケルチ海峡も見える

アゾフ海(アゾフかい、ウクライナ語:Азовське мореロシア語:Азовское море)は、黒海北部にある内海で、ケルチ海峡によって黒海と結ばれている。北はウクライナに接し、東のロシア連邦タマン半島と西のウクライナ領クリミア半島に挟まれている。西岸には110kmにわたり、アラバト・スピット(堆積物が海中に突起したもの、砂州)が広がり、腐海ウクライナ語: Сиваш)には塩分濃度の高い湿地帯の入り江がある。

大きさは長さ340km、幅135km、面積37,555km2である。ドン川クバン川が流れ込み、それによって比較的低濃度の塩水と新鮮さが保たれている。これらの川はまたシルトという土も運んでくる。平均して水深が13mしかない世界で最も浅い海でもあり、シルトが沈積したタガンログ湾の水深は1mにも満たない。現在の海流は時計と反対周りに渦を巻く流れとなっている。潮の満ち引きは大きく、満潮時には水深5mに達する所もある。冬になると、海の大部分が氷に閉ざされる。

重要な港は、ベルジャーンシクマリウポリロストフ・ナ・ドヌータガンログエイスクである。またカスピ海バルト海などと通じるヴォルガ・ドン運河カスピ海につながるクマ=マヌィチ運河がある。多くの重要な水産資源があり、天然ガス油田の開発が進められている。

さまざまな海洋生物が生息し、無脊椎動物は300種類以上、魚類は80種類以上にのぼっている。しかし乱獲による種や数の減少、海洋汚染などの問題も発生している。