ベルジャーンシク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ベルジャーンシク
Бердянськ
Dzendzyk August 1997.jpg
大ベルジャーンシク岬
Berdyansk flag.gif Berdiansk coa.png
座標 : 北緯46度45分 東経36度47分 / 北緯46.750度 東経36.783度 / 46.750; 36.783
行政
ウクライナの旗 ウクライナ
  ザポリージャ州の旗 ザポリージャ州
ベルジャーンシク
地理
面積  
  域 82.65km2
人口
人口 (現在)
  域 123000人

ベルジャーンシクウクライナ語: Бердянськ ベルヂャーンスィク)はウクライナ南東部のザポリージャ州の港湾都市。アゾフ海の北海岸に位置している。リゾート地でもあり、泥を使った健康療法で知られる。町の名は、市の近くを流れアゾフ海に注ぎベルジャーンシク岬を形成するベールダ川に由来する。

モニュメント[編集]

  • 友达
  • 配管工
  • 日時計
  • 羨望 - 悪

サイト[編集]

歴史[編集]

この地区には古くから人が居住し、現在の町の建設までこの地方はアーグリヤディーケ・ポーレ、ベールドィなどと呼ばれていた。1780年代にはペトル要塞ロシア帝国によって建設され、クリミア・ハン国からの防備に使用された。1783年にはクリミア・ハン国が滅ぼされ、翌1784年にはこの地域はターヴリダ州に編入された。ターヴリダ州は、1802年ターヴリダ県となった。19世紀初め頃には、ロシアは沿アゾフ地方左岸ウクライナでの商業権益の確保のため、アゾフ海沿海に港を建設する必要に迫られた。

1827年にペトル要塞の周辺に港湾施設が建設され、周囲に入植が始まった。これが現在の町の基礎となった。このときの名称はクトゥル=オグルィーロシア語: Кутур-Оглы)で、1830年ノヴォ=ノガイスクНово-Ногайск)に改名した。これは「新しいノガイの町」[1]という意味で、当時現地で人口の多数派を占めたノガイ人に因んだ名称であった。1841年1月1日には、皇帝ニコライ1世の命により再度改名してベルジャーンスクБердянск)となった。

1939年にはソ連邦英雄の飛行家ポリーナ・オスィペーンコに因んでオスィペーンコОсипенко)と改名されたが、1958年に旧名に戻り、オスィペーンコという地名は今は近接する村が名乗っている。

著名な出身者[編集]

姉妹都市[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ノガイの町」ノガイスクは現在のプルィモールシク