ボスニア湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バルト海の地図。上部中央の縦長の湾がボスニア湾

ボスニア湾(ボスニアわん、スウェーデン語:Bottniska viken、フィンランド語:Pohjanlahti)は、スウェーデンフィンランドに挟まれたバルト海北部のである。北緯60度以北にあり、10月ごろから6月ごろまでは凍結する。ボスニアの語源は湾を意味するスウェーデン語である。

概要[編集]

南北方向に伸びる湾であり、長さは約700km、水深は概ね200m以下と浅い。南部には、オーランド諸島があり、バルト海との境界線を成している。また、湾の沿岸には小島嶼が多くなっている。スウェーデン側にルレオウメオスンツヴァルイェヴレ、フィンランド側にトルニオオウルヴァーサラウマなどの都市がある。ルレオは、スウェーデンのキルナ鉱山などの鉄鉱石の積出港であるが、一年の過半が凍結するため、スカンディナヴィア半島北岸のノルウェーナルヴィクの方が積出港となることが多い。

氷河の重みで地殻が沈み込んで出来たボスニア湾奥のルーレオ周辺では、氷河期が終わってから地殻が元に戻ろうとして上昇しているアイソスタシー現象のためにすでに250メートルほどの隆起を記録しており、スカンディナビア半島南端近くでは50メートルほどの隆起がある[1]

脚注[編集]

  1. ^ 村井誠人「北欧内のスウェーデンの地理的位置」/ 村井誠人編著『スウェーデンを知るための60章』明石書店 2009年 21ページ

参考文献[編集]