東太平洋海嶺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東太平洋海膨

東太平洋海嶺(ひがしたいへいようかいれい)、もしくは東太平洋海膨(ひがしたいへいようかいぼう)は、南極海から太平洋にかけて延びる太平洋の中央海嶺

位置[編集]

ニュージーランド南方のマッコーリー島の南の南極海から、東方向に延び、イースター島ガラパゴス諸島の西を北に延び、カリフォルニア湾まで続く。南部は太平洋南極海嶺とも呼ばれる。

南側は南東インド洋海嶺、北側はサンアンドレアス断層(トランスフォーム断層)につながっている。また、イースター島西方沖でチリ海嶺ガラパゴス諸島西方沖でガラパゴス海嶺南シエラマドレ山脈南方沖で中央アメリカ海溝と分岐している。

プレート[編集]

太平洋プレートと、(南から)南極プレートナスカプレートココスプレート北アメリカプレートの4プレートとの境界。

関連項目[編集]