ササゴイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ササゴイ
ササゴイ
ササゴイ Butorides striatus
保全状況評価[a 1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: サギ科 Ardeidae
亜科 : サギ亜科 Ardeinae
: ササゴイ属 Butorides
: ササゴイ B. striatus
学名
Butorides striatusLinnaeus, 1758
和名
ササゴイ
英名
Green-backed heron
Striated heron
Butorides striatus

ササゴイ(笹五位[1]Butorides striatus)は、動物界脊索動物門鳥綱コウノトリ目サギ科ササゴイ属に分類される鳥類。本種のみでササゴイ属を構成する。

分布[編集]

アフリカ大陸北アメリカ大陸南アメリカ大陸ユーラシア大陸南部および東部、インドネシアオーストラリアソロモン諸島日本パプアニューギニアフィリピンマダガスカル[a 1]

日本では夏季に本州四国九州に飛来(夏鳥)し[1]、冬季になると九州以南で越冬(冬鳥もしくは留鳥)する [2][3][4][5][6][7]

形態[編集]

全長40-52センチメートル[2][3][4][6]。翼開張62-76センチメートル[2][3]体重0.1-0.3キログラム[8]。後頭には数本の羽毛が伸長する[6]。羽衣は青灰色で、喉に白い縦縞が入る[6]。額から後頸にかけて青緑色がかった黒い羽毛で被われる[1][6]。眼先は羽毛が無く、黄色い皮膚が裸出する[1][6]。雨覆の色彩は青緑色がかった黒褐色[3]、風切羽の色彩は黒褐色で[6]、羽毛の外縁(羽縁)は白い[6]。羽縁が白い羽がササの葉に見え[6]、和名の由来になったと考えられている[1]

虹彩は淡黄色[6]。嘴は細長く、色彩は黒い[1][3][6]。後肢は短く、色彩は黄色[3][4][6]

幼鳥は羽衣が濃褐色や黒褐色[3][4][7]、下面の羽衣が白い[6]。下面には褐色の縦縞が、翼には白い斑点が入る[4][6]。繁殖期には眼先が青くなり、後肢の色彩が赤みを帯びる[6]

分類[編集]

30亜種に分かれる[8]。島嶼型の亜種が多く含まれている。

  • Butorides striatus anthonyi
  • Butorides striatus frazari
  • Butorides striatus virescens アメリカササゴイ
  • Butorides striatus bahamensis
  • Butorides striatus striata
  • Butorides striatus sundevalli
  • Butorides striatus atricapilla
  • Butorides striatus rutenbergi
  • Butorides striatus brevipes
  • Butorides striatus crawfordi
  • Butorides striatus rhizophorae
  • Butorides striatus degens
  • Butorides striatus albolimbata
  • Butorides striatus chloriceps
  • Butorides striatus javanica
  • Butorides striatus amurensis ササゴイ
  • Butorides striatus actophila
  • Butorides striatus spodiogaster
  • Butorides striatus carcinophila
  • Butorides striatus steini
  • Butorides striatus moluccarum
  • Butorides striatus papuensis
  • Butorides striatus idenburgi
  • Butorides striatus rogersi
  • Butorides striatus cinerea
  • Butorides striatus stagnatilis
  • Butorides striatus littleri
  • Butorides striatus macrorhyncha
  • Butorides striatus solomonensis
  • Butorides striatus patruelis

生態[編集]

ササゴイ(観音寺市にて)

河川湿原水田などに生息する[2][5][7]薄明薄暮性で主に夕方活動し、昼間は水辺の森林で休むが昼間や夜間に活動することもある[2][3][4][5]。単独もしくはペアで生活する[2]。静止時には頸部をアルファベットの「S」字状に曲げている事が多い[2]

食性は動物食で、魚類両生類甲殻類などを食べる[2][7]。水辺で獲物を待ち伏せて捕食する。一部の個体群(例として日本では水前寺成趣園周辺の個体群)では水面に物を落とし、近づいてきた獲物を捕食する[8][7]

繁殖形態は卵生。雑木林や松林などに単独もしくは小規模な集団繁殖地(コロニー)を形成して繁殖する[1][2][5]。樹上に雄が巣材となる木の枝を運び、雌がそれを組み合わせた巣を作る。テレビアンテナに巣を作ることもある。日本では5-6月に3-6個の卵を産む[2]。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は21-25日[8]。育雛は雌雄共同で行う。雛は孵化してから40-45日で巣立つ[8]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、147頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 環境庁 『日本産鳥類の繁殖分布』、大蔵省印刷局1981年
  3. ^ a b c d e f g h 桐原政志 『日本の鳥550 水辺の鳥』、文一総合出版2000年、78頁。
  4. ^ a b c d e f 高野伸二 『フィールドガイド 日本の野鳥 増補改訂版』、日本野鳥の会2007年、108-109頁。
  5. ^ a b c d 中村登流監修 『原色ワイド図鑑4 鳥』、学習研究社1984年、131、197頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 真木広造、大西敏一 『日本の野鳥590』、平凡社、2000年、64頁。
  7. ^ a b c d e 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、22頁。
  8. ^ a b c d e 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科8 鳥類II』、平凡社1986年、76、81-83、179頁。
  • 高野伸二他 『山溪カラーガイド 日本の野鳥』、山と溪谷社
  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、29-30頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ a b The IUCN Red List of Threatened Species
    • BirdLife International 2009. Butorides striata. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.1.