カンムリカラカラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カンムリカラカラ
Caracara plancus -Fazenda Campo de Ouro, Piraju, Brasil-8-3c.jpg
カンムリカラカラ Caracara plancus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: タカ目 Falconiformes
: ハヤブサ科 Falconidae
: Caracara
: カンムリカラカラ
C. plancus
学名
Caracara pluncus
Miller, 1777
和名
カンムリカラカラ
英名
Southern Crested Caracara
Caracara plancus

カンムリカラカラ(学名:Caracara plancus)は、タカ目ハヤブサ科の鳥。

分布[編集]

赤道以南の南米に分布する。

形態[編集]

全長49-59cm、翼開張120-132cm。背面から腹部にかけては黒褐色で、喉元は白色であり、胸部は縞模様になっている。嘴の根元は赤い皮膚が裸出している。脚は長く、黄色。

生態[編集]

草原農地など開けた環境に生息する。

小型哺乳類鳥類昆虫類爬虫類カエルなどを捕食することもあるが、生きた獲物を捕らえるのはそれ程得意ではなく、動物の死骸も食べる。

参考文献[編集]

  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』 小学館、2002年、170頁。
  • 『ニューワイド 学研の図鑑 鳥 増補改訂版』 学習研究社、2009年、58頁。
執筆の途中です この項目「カンムリカラカラ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類