マミジロアジサシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マミジロアジサシ
マミジロアジサシ
マミジロアジサシ Sterna anaethetus
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: チドリ目 Charadriiformes
亜目 : カモメ亜目 Lari
: カモメ科 Laridae
: アジサシ属 Sterna
: マミジロアジサシ
S. anaethetus
学名
Sterna anaethetus
Scopoli, 1786
和名
マミジロアジサシ
英名
Bridled tern

マミジロアジサシ(眉白鯵刺、学名:Sterna anaethetus)は、動物界脊索動物門鳥綱チドリ目カモメ科(アジサシ科とする説もあり)アジサシ属に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

太平洋インド洋大西洋熱帯及び亜熱帯の島々、オーストラリア北部で繁殖する。非繁殖期は周辺海域に広く分布する。

日本では基亜種が夏季に宮古列島宮古島)や八重山列島石垣島仲の神島)に繁殖のため飛来する(夏鳥)。本種の繁殖地としては北限にあたる。その他の地域ではまれに飛来する迷鳥で、これまでに北海道本州硫黄列島で記録されたことがある。

形態[編集]

全長30-38cm。翼開長は76-81cm。頭頂部から後頭部、および通眼線は黒、胴体の背面は灰褐色、喉から顔、胸、腹面は白い羽毛で覆われる。額および眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)は白く、和名の由来になっている。雌雄同色である。

嘴や後肢の色彩は黒い。

亜種[編集]

7亜種に分けられるとされる。

  • Sterna anaethetus anaethetus Scopoli, 1786 マミジロアジサシ - 等

生態[編集]

熱帯や亜熱帯域の海洋(外洋を除く)に生息する。冬季は単独もしくは小規模な群れを形成して生活する。

食性は動物食で、魚類甲殻類を食べる。主に海面近くを飛翔し嘴で獲物をつまみとったり、飛翔しながら空中で静止(ホバリング)し空中から急降下し獲物を捕食する。

繁殖形態は卵生。集団繁殖地(コロニー)を形成する。セーシェルでは7ヶ月間隔で繁殖する。日本では5-6月に海辺の岩礁や草地に、1回に1個の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は28-30日。雛は生後55-63日で飛翔できるようになり、さらに35日後に独立する。

「クラー」「クー」と鳴く。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編 『動物大百科8 鳥II』、平凡社1986年、158頁。
  • 『小学館の図鑑NEO 鳥』、小学館2002年、63頁。
  • 『日本の鳥 550 水辺の鳥』、文一総合出版
  • 真木広造他 『日本の野鳥590』 平凡社

外部リンク[編集]