ラブラドル半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラブラドル半島
Labrador-Peninsula.PNG
所属大陸・島 北アメリカ大陸
所属国・地域 カナダの旗 カナダ
テンプレートを表示

ラブラドル半島(ラブラドルはんとう、Labrador)はカナダ北東部の半島。名前は15世紀にこの地を探検したとされるポルトガルのジョアン・フェルナンデス・ラヴラドールに因む。

概要[編集]

西はハドソン湾とその南のジェームズ湾、北はハドソン海峡を挟んでバフィン島、東は北大西洋ラブラドル海)、南はベルアイル海峡を挟んでニューファンドランド島およびセントローレンス湾に面す。北部はアンガヴァ湾が切れ込み、その西側はアンガヴァ半島、東側はトーンガット山脈で先端はチドリー岬になっている。

大西洋岸の約4分の1がラブラドール地方ニューファンドランド・ラブラドール州)、残り(サグネ・ラック・サン・ジャン地域コート・ノード地域ノード・デュ・ケベック地域)がケベック州に属する。また、ハドソン湾奥からアンガヴァ湾まで、半島沿岸に浮かぶ島々はすべてヌナブト準州に属している。

氷河期には多くの部分が氷河に覆われ、特に最後の氷河期には北米大陸一帯を覆うローレンタイド氷床w:Laurentide Ice Sheet、9万年前から1万8千年前ごろまで存在)の中心となった。大西洋岸のフィヨルド地形の地域ほか、半島内陸各所に、氷床が解ける際に地表を削っていった氷河湖の痕跡が認められる。

北部の海岸地帯は寒冷のため農耕不能で主な産業は漁業である。ラブラドール・レトリバーの名前の由来でもある。内陸部は南側はタイガ(亜寒帯林)が広がるが、北部は永久凍土に覆われ、樹木の生えないツンドラ地帯になっている。気候は、半島東沖を流れる寒流・ラブラドル海流を通る涼しい風の影響で、夏でも気温が上がらず、冬の期間は長くひじょうに寒いので海は氷に閉ざされる。

関連項目[編集]