ブリーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ブリーム
Carp bream1.jpg
ブリーム Abramis brama
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
亜科 : ウグイ亜科 Leuciscinae
: アブラミス属 Abramis
Cuvier, 1816
: ブリーム A. brama
学名
Abramis brama
(Linnaeus1758)
英名
Carp bream

ブリーム学名Abramis brama、英名:Carp breamもしくはBream)は、コイ科に属する魚類の一種。ヨーロッパ河川湖沼用水路に広く分布する淡水魚で、漁獲対象種でもある。

分布[編集]

ブリームは欧州の淡水域で一般的な種類で、その自然分布はアルプスピレネー山脈以北およびバルカン半島にかけて広がる。アイルランドイベリア半島イタリアにも移植されているほか[2]黒海カスピ海アラル海周辺などアジア地域にも生息している。

形態[編集]

ブリーム(下)とシルバーブリーム。特に若魚の時点では区別が難しい

ブリームは30-55 cm程度に成長し、最大では75 cm、重量は2-4 kgほどになる。体は左右に平たく側扁し、体高は高く、口はやや下向きにつく。体色は銀灰色だが、澄んだ水域に住む老成魚は銅色になることもある。は着色せず、灰から黒色[2]

本種と非常によく似た魚類として、シルバーブリームBlicca bjoerkna)が挙げられる。確実な鑑別方法は背鰭の第1鰭条から側線にかけてのの枚数(横列鱗数)を数えることで、ブリームは11枚以上、シルバーブリームは10枚以下である。シルバーブリームの成魚は胸鰭の基部が赤くなることも、鑑別点の一つである。他のコイ科魚類と同様に、ブリームは、ローチなどの他種と容易に交雑する。

生態[編集]

プラハで展示される成体

ブリームは一般に河川の下流域や、藻類と泥底に富む湖沼に生息する。汽水域に進出することもある[2]

食性[編集]

成熟した銅色のブリーム(オランダ産)

底部で群れを作って生活する。夜間に岸辺で餌を探し、澄んだ水域の砂底には摂餌の痕跡を見出すことができる。顎を突き出して水底を掘り、ユスリカの幼虫・イトミミズ貝類などを捕食するほか、水草プランクトンも餌としている。

濁った水域ではユスリカ類などの底生生物が欠乏するため、ブリームはミジンコなどの濾過摂食を余儀なくされる。獲物を漉しとる鰓耙の成長に栄養を振り分けられるため、一般に40 cmを超えることができなくなる。栄養不足のブリームはいわゆる「knife back」と呼ばれる体つきとなり、背部が非常に鋭く切り立つようになる。

繁殖[編集]

ブリームの繁殖期は4-6月、水温17℃付近の時期が多い。雄は縄張りを形成するようになり、雌は10-30万個のを水生植物に産みつける。3-12日で孵化した仔魚は、卵黄嚢を吸収するまで水草に張り付いて過ごす。

稚魚は成魚とは異なり細身だが、側扁した体と銀色の体色をもつ。この段階では浮遊性だが、2-3ヶ月後には成魚に近い体型となり、底部で生活するようになる。性成熟には3-4年を要する。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Freyhof, J. & Kottelat, M. (2008年). Abramis brama. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2009年2月18日閲覧。
  2. ^ a b c Abramis brama”. FishBase. 2010年7月3日閲覧。

関連項目[編集]