ラドガ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラドガ湖
Laatokka Sortavalan edustalla.jpg
所在地 ロシアの旗 ロシア カレリア共和国レニングラード州
面積 16400 km2
周囲長 1,570km km
最大水深 230 m
平均水深 51 m
貯水量 908立方km km3
水面の標高 4.8 m
成因 氷河湖
淡水・汽水 淡水
透明度 2~4 m
テンプレートを表示
地図
ラドガ湖の位置(赤矢印)

ラドガ湖 (Ладожское озероカレリア語 Luadogu、フィン語 Laatokka、スウェーデン語 Ladoga) は、ロシアにあるヨーロッパ最大の

概要[編集]

ロシア北西部レニングラード州カレリア共和国の境界にあり、フィンランドとの国境に近い。

ラドガ湖からはネヴァ川サンクトペテルブルクを通って、フィンランド湾バルト海の一部)へ流れ出している。 また、流入する川はオネガ湖からのスヴィル川イリメニ湖からのヴォルホフ川などがある。湖の中に約660ほど島が点在しており、500程度は北西部に集中している。大きな島には人が住んでいる。ワモンアザラシが生息している。沿岸部では12月から5月にかけて、中央部では1月から3月にかけて結氷する。

利用[編集]

サンクトペテルブルクの重要な水源となっており、1日当たり471万立方メートルの水道水及び工業用水を供給している[1]

歴史[編集]

かつてはスウェーデンロシア帝国の国境の湖だったが、大北方戦争の結果、ロシア領となる。ロシア革命後はフィンランドソ連の国境となった。

冬戦争により、1940年、全域がソ連領となり現在にいたる。

出典[編集]

  1. ^ 『用水と廃水』Vol.53№3(2011)p8

関連項目[編集]

外部リンク[編集]