テンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テンチ
Tinca tinca.jpeg
テンチ Tinca tinca
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 骨鰾上目 Ostariophysi
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
: テンチ属 Tinca Cuvier1816
: テンチ T. tinca
学名
Tinca tinca Linnaeus1758
英名
Tench

テンチ学名Tinca tinca)は、コイ目コイ科に属する魚類の一種。「ドクターフィッシュ」とも呼ばれる。ブリテン諸島を含む西ヨーロッパからオビ川エニセイ川水系などアジア地域に至るまで、ユーラシア大陸に幅広く分布する淡水魚ないし汽水魚である[2]バイカル湖にも生息する[2]や低地を流れる河川など、流れの緩やかな水域で暮らしている[3]

生態[編集]

テンチは砂泥底、かつ植生の豊かな静水域を好んで生息する[4]。岩が多く透明度の高い水域にはまれで、特に流れの速い河川ではまったく見られない。低酸素状態への耐性が高く[2]コイCyprinus carpio)が生存できない領域でも生きることができる[4]

雑食性で、主に夜間に餌を探す[2]藻類および種々の底生性無脊椎動物を捕食する[4]。水温が下がる冬期は泥の中に潜み、餌も摂らない[2]

水草の多い浅瀬で産卵し、粘着性のある緑色の沈性卵を産む[2]。産卵期は夏であることが多く[3]、卵の数は30万個に及ぶこともある[5]。成長は早く、1年でおよそ0.11kg(0.25ポンド)に達する。

形態[編集]

テンチの若魚。小さな口ヒゲと微細な鱗が明瞭である

テンチはずんぐりしたコイ型の体をもち、体色はオリーブ色から緑色で、背中側は暗く腹側は黄金色に近い。尾鰭は角形で、他のは明瞭に円みを帯びる[4]。口幅は比較的狭く、両端によく発達した口ヒゲをもつ[2]。最大で70cmにまで成長するが、ほとんどの個体はより小柄で[6]、全長20cmほどであることが多い[2]。眼は小さく、赤色から橙色を帯びる[2]性的二形はあまり示さず、成熟した雌では雄と比べてやや腹部が突き出る程度である[6]

は非常に小さく厚い皮膚に深く埋もれ、体表面は粘液質でウナギのように滑らかとなっている[2]。他の魚がテンチの粘液を体にこすりつけ、傷や病気を治療するという民間伝承があり、「ドクターフィッシュ」という別名の由来となっている[5][7]

利用[編集]

テンチは食用魚として利用され、味も良いとされる[4]観賞魚・釣魚としての需要もあり、雑魚釣り (Coarse fishing) の対象になるほか、バス類にも用いられる[2]

ゴールデンテンチ[編集]

人工的に品種改良を施したテンチを「ゴールデンテンチ」あるいは「schlei」と呼び、池や水族館で飼育される観賞魚として人気がある[8]。体色は淡い金色から赤色まで様々で、黒色ないし脇腹・鰭に赤い斑点をもつものもいる。キンギョとも似た部分をもつが、鱗が小さいため色合いはかなり異なる[5]

釣り[編集]

大型のテンチがくぼみや泥底、水草の陰に潜むことがある。種々の釣り餌に誘引されるが、釣り上げるのは難しい。1kg(約2ポンド)に達する個体は非常に引きが強い[5]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Freyhof, J. & Kottelat, M. (2008年). Tinca tinca. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2010年1月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k Tinca tinca”. FishBase. 2010年6月5日閲覧。
  3. ^ a b B. Whitton (1982). Rivers, Lakes and Marshes p 163. Hodder & Staughton, London.
  4. ^ a b c d e A. F. Magri MacMahon (1946). Fishlore, pp 156-158. Pelican Books.
  5. ^ a b c d A. Lawrence Wells (date unknown). Observer Book of Freshwater Fishes, pp 101-105. Frederick Warne & Co.
  6. ^ a b G. Sterba (1962). Freshwater Fishes of the World pp 249-250. Vista Books, London.
  7. ^ 『海の動物百科3 魚類II』 p.85
  8. ^ Dick Mills (2000). Understanding Coldwater Fish, p 106. Interpet Publishing. ISBN 1-9030-9810-6

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]