コラ半島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムルマンスク州
面積 約10万km2
最高標高 1191m
最大都市 ムルマンスク
所在海域 白海バレンツ海
所属大陸・島 ユーラシア大陸
所属国・地域 ロシアの旗 ロシア ムルマンスク州
テンプレートを表示

コラ半島(コラはんとう、ロシア語: Кольский полуостров)は、ロシア北西部ムルマンスク州にある半島。語源はサーミ語Guoládat「魚の豊富な地」。

北はバレンツ海、東は白海、南はカンダラクシャ湾に面している。面積はおよそ10万km2

北部は急峻で標高も高く、南部は平坦である。また、西部は山地(ヒビヌイ山脈)になっている。港湾と海軍の町ムルマンスク、軍港セヴェロモルスク、半島の名の由来となった中世の港町コラは半島の北岸から内陸に向かって伸びているフィヨルドとして形成されたコラ湾の沿岸にある。

北部は暖流の影響で比較的暖かく、平均気温は1月で約10、7月で約10℃である。南部はタイガ、北部はツンドラになっている。

燐灰石鉄鉱石などの資源が豊富である。人口は、白海沿岸のロシア人開拓民の末裔「ポモール」が主体だが、わずかにサーミ語を話すサーミ人がおり、ラップランドの一部を形成している。

コラ半島で行った学術調査目的のボーリングコラ半島超深度掘削坑」が、人類が掘ったもっとも深い穴である。深さは1万2262m。