ニコライ・リョーリフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
海を越えて来た客 (1899年)

ニコライ・コンスタンチノヴィチ・リョーリフНиколай Константинович Рёрих, 1874年10月9日 - 1947年12月13日)は、ドイツ系ロシア人画家。美術界と法曹界で訓練を積んでおり、文学哲学考古学に関心を寄せた知識人でもあった。一般的には、ストラヴィンスキーの《春の祭典》の着想・構想・舞台デザインに関わった美術家として名高く、しばしば音楽史においてドイツ語名のニコライ・レーリヒN. Roerich)で言及されている。サンクトペテルブルクで裕福な公証人の家庭に生まれ、世界各地で流浪の生涯を送った後、インドパンジャブで最期を迎えたコスモポリタンである。渡米後は英語風にニコラス(Nicholas)と名乗った。イェレナ夫人ともども神智学導師として活動し、共同でアグニ・ヨーガ協会を設立した。息子のユーリ・リョーリフはジョージ・ディ・レリックの英語名でチベット学の研究者となり、息子のスヴャトスラフは画家・建築家となった。

前半生[編集]

青年時代にウクライナウクライナ文化と密接なつながりを持ったことから、タラス・シェフチェンコゴーゴリミコラ・コストマロフらといった同時代のウクライナの芸術家や知識人の影響を受けており、愛読書がコブザル(コサック吟遊詩人)のであったことをレーリヒは認めている[1]。初めて学んだ絵画教室は、シェフチェンコが入ったのと同じ教室であった。「 Покрова」のスケッチは1903年から1906年の間にかけてキエフで制作され、1910年には名高いペチャルシク・ラヴラ地区のトロイツキー大聖堂のためにモザイクも制作している。(ちなみにレーリヒの氏名をウクライナ語で綴ると、ミコラ・コスチャンティノヴィチ・レーリフМикола Костянтинович Реріх〕となる。)

レーリヒは、ストラヴィンスキーの《春の祭典》のための舞台デザインも手がけており、古代異教時代のルーシモチーフにしており、当時あまりに革新的であったデザインに多くの反響を呼んだ。このバレエの1913年パリ初演は賛否の分かれる大騒動をひき起こし音楽史上の画期的な事件となったが、上演が成功するにせよスキャンダルに終わるにせよ、ストラヴィンスキーの音楽やヴァーツラフ・ニジンスキーの振付けと共々相俟って、レーリヒのデザインが重要な要素となったのである。


米国[編集]

1920年に最初のニューヨーク入りを果たす。夫妻ともども米国中を廻った後、ニューヨーク市に居を構え、美術学校を設立する。さまざまな神智学協会に加入するうち、(美術活動よりも)宗教活動がレーリヒ家の生活を支配するようになる。

「レーリヒ家の米国遠征」[編集]

After leaving New York, the Roerichs - together with their son George and six friends - went on the five-year long 'Roerich American Expedition' that, in Roerich's own words: "started from Sikkim through Punjab, Kashmir, Ladakh, Karakorem mountains, Khotan, Kashgar, Qara Shar, Urumchi, Irtysh, Altai Mountains, Oryot region of Mongolia, Central Gobi, Kansu, Tsaidam, Tibet." with a detour through Siberia to Moscow in 1926. Between Summer 1927 and June 1928 the expedition was thought to be lost, since all contact from them ceased for a year. They had been attacked in Tibet and only the "Superiority of our firearms prevented bloodshed. ... In spite of Tibet passports, expedition forcibly stopped by Tibetan authorities". The Expedition was detained by the government for five months, and forced to live in tents in sub-zero conditions and meagre rations. Five men of the expedition died at this time. In March of 1928 they were allowed to leave Tibet, and trekked south to settle in India, where they founded a research center, the Himalayan Research Institute.

文化活動[編集]

1929年にレーリヒは、パリ大学によってノーベル平和賞候補に推薦された(1935年には2度目の推薦を受けている)。平和についての高い関心に基づき芸術と文化の「国際赤十字」となることを目標に掲げた『パックス・クルトゥーラ』を創設。この文化保全活動を通じて、1935年4月15日ホワイトハウスにおいて全米州連盟(現・米州機構)に加盟するアメリカ合州国と20ヶ国の加盟国を文化財保全を目的とした初期の国際条約であるレーリヒ条約(国際文化財保護条約)調印に導いた。当時の合衆国副大統領ヘンリー・A・ウォレスはレーリヒのもっとも近しい理解者、追随者であり、1940年の大統領選挙の際には問題として取り上げられた。

遺産[編集]

Today, the Nicholas Roerich Museum in New York City is the artistic center of Roerich's work. Numerous Rerikh societies continue to promote his theosophical teachings worldwide. His painting can be seen in several museums including the Roerich Department of the State Museum of Oriental Arts in Moscow; the Roerich Museum at the International Centre of the Roerichs in Moscow; the State Russian Museum in St. Petersburg, Russia; a collection in the Tretyakov Gallery in Moscow; a collection in the Art Museum in Novosibirsk, Russia; a collection in the Art Museum in Nizhny Novgorod, Russia the Roerich Hall Estate in Kullu Valley, Himachal-Pradesh (India); in various art museums in India; and a selection featuring several of his larger works in The Latvian National Museum of Art.

A recent source of information about the spiritual journeys of Nicholas and Helena Roerich is a book called "Nicholas & Helena Roerich, The Spiritual Journey of Two Great Artists & Peacemakers" by Ruth Drayer. Also see Jacqueline Decter's biography, "Messenger of Beauty"; Kenneth Archer, "Nicholas Roerich: East and West"; and scholarly articles by John McCannon, as well as his "Searching for Shambhala," in the magazine "Russian Life."

Later developments have shown that Roerich tried to begin a new country made up of parts of Tibet, Mongolia, China and Russia. His wife, Mme. Helena Roerich wrote a book detailing how such a country should be governed by N. Roerich. Called "The Leader," it has been translated from Russian to English by Gleb Drobychev and Gurt Wilson.

関連文献[編集]

  • モロジャコフ・ワシーリー「ニコライ・レーリヒと日本---美術と地政学」新日本学20、拓殖大学日本文化研究所、2011年3月。ISBN 978-4-88656-356-9

関連項目[編集]

外部リンク[編集]