ニスタット条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニスタット条約スウェーデン語: Freden i Nystadロシア語: Ништадтский мирный договор)は、大北方戦争の後、1721年9月10日旧暦8月30日)にロシアスウェーデンのあいだで結ばれた講和条約。現在のフィンランドウーシカウプンキ(Uusikaupunki、スウェーデン語でニュスタード)において結ばれた。

内容[編集]

大北方戦争中にロシアが占領していたフィンランドヴィスマルフォアポンメルン西部はスウェーデンに返還されたが、カレリアの大部分、エストニアリヴォニアスウェーデン領リヴォニア英語版、現ラトヴィア領)、イングリア(インゲルマンラント、イジョール)、またバルト海サーレマー島ヒーウマー島(ともに現エストニア領)は、スウェーデンからロシアに割譲された。これにより、スウェーデンが築き上げた「バルト帝国」は、名実共に崩壊し、ロシアがスウェーデンに代わってバルト海覇権を握ることになった。

結果・影響[編集]

この条約によってバルト海の覇権を失ったスウェーデンでは、大北方戦争中にカール12世が戦死していたこととあわせ、国王の権威を低下させた。そのため王権の制限が進められ、絶対王政下における大国主義から、いわゆる「自由の時代スウェーデン語: Frihetstiden)」へと移行することになった。一方で、新たにバルト海の覇権を握ったロシアは、ヨーロッパ政治における存在感を強めた。ヨーロッパの主要国はロシアに外交官を常駐させるようになり、国際政治において対ロシア関係を無視することができなくなった。国内でもピョートル1世がその威信を強め、ロシアの「元老院」から「皇帝」「大帝」などの称号を受けることになった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 和田春樹ら編『世界歴史大系 ロシア史2』 山川出版社、1994年
  • 村井誠人ら編『新版世界各国史21 北欧史』 山川出版社、2002年
  • 武田龍夫『物語 北欧の歴史』 山川出版者、1993年
  • 武田龍夫『物語 スウェーデン史』 新評論、2003年

外部リンク[編集]