ヒーウマー島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北西にある島がヒーウマー島

ヒーウマー島エストニア語: Hiiumaaドイツ語およびスウェーデン語: Dagö ダゲー)は、バルト海にあるエストニア領の島。サーレマー島の北にある。面積は989 km²、人口は9181人。中心となる町はカルドラである。周辺の島嶼とともにヒーウ県を構成する。

歴史[編集]

考古学的には、4世紀頃の遺跡が発見されている。文献資料としては、1228年北方十字軍によるものが初めてのものとなる。16世紀から18世紀にかけてはスウェーデン領であり、18世紀から第一次世界大戦まではロシアが統治した。また、第一次世界大戦時はドイツ軍が占領していた。その後は、エストニア領・ソ連領となったが、1991年からはエストニア領となっている。