オーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
コナラ属から転送)
移動: 案内検索
オーク

日本名=落葉樹をナラ(楢)
常緑樹をカシ(樫)と総称

Quercus robur AB.jpg
ヨーロッパナラ(コモンオーク)
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : マンサク亜綱 Hamamelidae
: ブナ目 Fagales
: ブナ科 Fagaceae
: コナラ属 Quercus
学名
Quercus L.
和名
落葉樹をナラ(楢)、常緑樹をカシ(樫)と総称
英名
Oak
亜属・節

オーク(英:Oak、仏:chêne、独:Eiche)はブナ科 コナラ属(学名:Quercus)の植物の総称。落葉樹であるナラ(楢)と常緑樹であるカシ(樫)の総称。

概要[編集]

模式種ヨーロッパナラ(ヨーロッパオーク、イングリッシュオーク、コモンオーク、英名:common oak、学名:Q. robur)が代表的。

なおアカガシ亜属 QuercusCyclobalanopsis)は別属とすることがあるが、その場合のオークには含まれる。

あわせて数百種以上が知られ、亜熱帯から亜寒帯まで北半球に広く分布する。日本語では落葉樹の種群はナラ(楢)、常緑樹の種群はカシ(樫)と呼ばれるが、オークはその両方を包含するものである(なお、英語では特に常緑樹であるものを指すときはlive oakと呼ぶ。)。ヨーロッパのオークの多くは日本語でナラ(楢)と呼ばれる落葉樹であり、常緑の樫は南ヨーロッパ以外では稀である。明治時代の翻訳家が落葉樹のオークを樫と誤訳した例があり、現在も混同されやすい。

利用[編集]

加工しやすい種が多く、ヨーロッパ北アメリカでは家具フローリング(床材)、ウィスキーワインの材料などに広く使われる。

木肌は中程度から粗めの堅い木材で、木目がはっきりし、特に柾目面にはそれが美しい模様として現れる。また、虎斑(とらふ)と呼ばれる虎の斑紋を連想させる模様が現れることも特徴。材木用としてヨーロッパ原産のヨーロッパナラなど落葉性ナラ類が代表的である。

日本のミズナラ材はこのヨーロッパナラに匹敵する材質をもつ高級オーク材である[1]

他に、北アメリカ原産のレッドオーク(ロバタエ節 section Lobatae)やホワイトオーク(クェルクス節 section Quercus)、樹皮をコルクとして用いるコルクガシQ. suber)などが有名。北米のホワイトオークはウィスキーの樽として使用される。

オークリーフ[編集]

ヨーロッパナラの葉と実

ヨーロッパナラの葉はカシワに似た特徴的な形をしており、オークリーフという意匠としてよく知られている。しかし、オークの葉の形は種によってさまざまであり、ヨーロッパナラの葉は一例にすぎない。深く切れこんで先端がとがったもの、細長いものなどもある。また、これはEUの硬貨にも同じような形で存在する。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鳥飼玖美子(2004)『歴史をかえた誤訳』(新潮文庫)p.158(単行本は2001年)

外部リンク[編集]