シナノキ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シナノキ属
Tilia japonica 2.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: アオイ目 Malvales
: シナノキ科 Tiliaceae
: シナノキ属 Tilia
学名
Tilia L.[1]
和名
シナノキ属(科の木属、級の木属)[2]
  • 本文参照

シナノキ属(シナノキぞく、学名:Tilia、和名漢字表記:科の木属、級の木属)はシナノキ科の一つ[2][3]

新しいAPG植物分類体系ではアオイ科に含める[4]

特徴[編集]

落葉高木は互生し、葉先は細くとがり、基部はゆがみ、縁に鋭い鋸歯がある。しばしば葉やには星状毛がある。托葉は膜質になり、早く落ちる。葉と葉身の境が明確な葉柄がある。葉柄の基部の側方から集散花序を伸ばし、をつける。狭長楕円形の総苞葉が目立ち、総苞葉の中部以下が花序の軸と合着し、果期に果序が落下する際には、合着した総苞葉とともに枝から離れるため、総苞葉がプロペラとなって種子散布に役立つ[3]

花は両性。萼片は5個。花弁は5個。雄蕊は多数あり離生する。花弁の内側に、ふつう5個の仮雄蕊がある[3]子房は5室あり、各々に2個の胚珠がある[5]。花柱は細く伸び、柱頭は浅く5裂する。果実は球状または楕円形の堅果になり、裂開しないで中に1-2個の種子が入る[3]

分布[編集]

北半球の温帯に分布し、約30種知られ[3]、日本には数種分布する。

[編集]

日本に分布する種[編集]

  • ブンゴボダイジュ Tilia chinensis Maxim. var. intonsa (E.H.Wilson) Y.C.Hsu et R.Zhuge - 日本では、大分県の山地にまれに生育する[6]
  • シナノキ Tilia japonica (Miq.) Simonk. - 日本固有種。北海道、本州、九州に分布し、山地に生育する[3]
    • シコクシナノキ(ケナシシナノキ) Tilia japonica (Miq.) Simonk. var. leiocarpa Nakai - 四国の山地に生育する[3]
  • ヘラノキ Tilia kiusiana Makino et Shiras. - 本州の紀伊半島・中国地方、四国、九州に分布し、山地に生育する[3]
  • マンシュウボダイジュ Tilia mandshurica Rupr. et Maxim. var. mandshurica - 環境省の絶滅危惧IA類(CR) に選定されている。日本では、岡山県、広島県、山口県に分布し、高地の谷間などの冷涼地にまれに生育する[7]。日本以外では、朝鮮半島、中国大陸(北部、東北部)に分布する[3]
    • ツクシボダイジュ Tilia mandshurica Rupr. et Maxim. var. rufovillosa (Hatus.) Kitam. - 環境省の絶滅危惧IB類(EN) に選定されている。日本では、大分県の九重山周辺にまれに生育する[8]。日本以外では朝鮮半島にも生育する[3]
    • エチゴボダイジュ Tilia mandshurica Rupr. et Maxim. var. toriiana T.Yamaz.
  • オオバボダイジュ Tilia maximowicziana Shiras. - 北海道、本州の東北地方、北陸地方、関東地方北部に分布し、山地に生育する[3]
    • モイワボダイジュ Tilia maximowicziana Shiras. var. yesoana (Nakai) Tatew. - 北海道、本州の東北地方に分布し、山地に生育する。ときに本州中部地方北部にも見られる[3]
  • ボダイジュ Tilia miqueliana Maxim. - 中国原産で、日本ではよく社寺に植栽されている[3]
  • ノジリボダイジュ Tilia × noziricola Hisauti - シナノキとオオバボダイジュの交雑種と考えられ、長野県と新潟県に見られる[3]

上記以外の主な種[編集]

  • アメリカシナノキ Tilia americana L.
  • アムールシナノキ Tilia amurensis Rupr. var. amurensis
  • フユボダイジュ Tilia cordata Mill.
  • タケシマシナノキ Tilia insularis Nakai
  • モウコシナノキ Tilia mongolica Maxim.
  • ナツボダイジュ(ヨウシュボダイジュ、セイヨウボダイジュ) Tilia platyphyllos Scop.
  • セイヨウシナノキ Tilia × europaea L.(シノニムTilia × vulgaris Hayne)[9]

学名の由来[編集]

属名の Tilia は、ボダイジュに対するラテン語古名。語源は ptilon「翼」で、翼状の総苞葉が花序の軸と合着しているようすから[10]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Tilia Flora of China
  2. ^ a b 『樹に咲く花(離弁花 2)山溪ハンディ図鑑4』p.534
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『日本の野生植物 木本II』pp.65-67
  4. ^ 大場『植物分類表』pp.162-164
  5. ^ 『原色日本植物図鑑 木本I(改訂版)』p.232
  6. ^ レッドレータヅックおおいた
  7. ^ レッドデータブックやまぐち
  8. ^ 『新牧野日本植物圖鑑』pp.429-430
  9. ^ Tilia × europaea The Plant List
  10. ^ 『新牧野日本植物圖鑑』p.1313

参考文献[編集]