葉柄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Rosa caninaの葉柄
Acacia koaの葉柄

葉柄(ようへい、英語:Petiole)は、植物においてを接続している小さな柄である。通常は茎と同じ内部構造を持つ。葉柄の両側に伸長した部分は托葉と呼ばれる。また葉柄を欠いた葉は無柄と呼ばれ、部分的に茎を取り巻いている場合は抱茎と呼ばれる。イネ科の抱茎の葉は小舌と呼ばれる外部構造を持つ。

偽葉は、修飾された葉柄である。いくつかの植物では、葉柄は平たく幅広くなり、真の葉は数が少なくなる。そのため偽葉は葉の機能を果たすようになる。偽葉はアカシア属、特にオーストラリアの若い木で一般的に見られる。

コア(Acacia koa)では、偽葉は固く厚くなり、樹木はストレスの多い環境でも生きられるようになる。葉柄は、水草が異なる深さに葉を沈めるのにも役立っている。