カタバミ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタバミ属
Oxalis corniculata
カタバミ Oxalis corniculata
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: カタバミ目 Oxalidales
: カタバミ科 Oxalidaceae
: カタバミ属 Oxalis
学名
Oxalis
L.
和名
カタバミ属
英名
wood sorrel

カタバミ属(カタバミぞく、学名: Oxalis)はカタバミ科に含まれる植物の一群である。の美しいものは園芸用に栽培され、多くは学名カナ読みでオキザリスと呼ばれる。

特徴[編集]

カタバミ属は小柄な一年草、あるいは多年草である。地下に鱗茎根茎を持ち、地上にはを伸ばす場合もあるが、ほとんど伸ばさないものもある。

三出複葉、四出、あるいは奇数羽状複葉のものもあるが、日本産のものはすべて三出複葉で、しかも頂小葉と側小葉の区別がほとんどつかないようになっている。この葉は夜間に閉じる。

葉腋から一つ出るか、柄の先に集散花序として出る。花弁は5、雄蘂は10。雌蘂は五室で、果実になるとそれぞれの部屋の背面が裂けてそこから種子を飛ばす(蒴果)。

分布[編集]

南アメリカアフリカ等、熱帯を中心に850ほどが知られる。

日本でカタバミ科はカタバミ属のみ分布する。日本産の種は帰化種が多い。

[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]