カタバミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カタバミ
Oxalis corniculata
Oxalis corniculata Fig. from book (1796)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : 真正バラ類I eurosids I
: カタバミ目 Oxalidales
: カタバミ科 Oxalidaceae
: カタバミ属 Oxalis
亜属 : O. subg. Oxalis
: O. sect. Corniculatae
: カタバミ O. corniculata
学名
Oxalis corniculata
L.[1]
シノニム
変種品種[3]

カタバミ(酢漿草、片喰、傍食[4]、学名: Oxalis corniculata)はカタバミ科カタバミ属多年草日本の地方名には「かがみぐさ」、「すいば」、「しょっぱぐさ」、「すずめぐさ」、「ねこあし」、「もんかたばみ」などがあり、『日本方言大辞典』[5]には180種以上が記録されている。中国では「三葉酸草」、「老鴨嘴」、「酸味草」、「満天星」などの別名がある。

日本では近年、よく似たオッタチカタバミという帰化種が急増している[6][7]が、古い図鑑には掲載されていないため、カタバミと誤認されていることもある。

形態・生態[編集]

地下に球根を持ち、さらにその下に大根のようなを下ろす。匍匐茎をよく伸ばし、地表に広がる。このため、繁殖が早く、しかも根が深いので駆除に困る雑草である。

は球根の先端から束に出る。葉は、ハート型の3枚がとがった先端を寄せあわせた形。三出複葉だが、頂小葉と側小葉の区別はつきづらい。マメ科クローバーシロツメクサなど)とよく間違われるが、クローバーは葉の形状が丸く白い線があり、全く異なる植物である。しかし、クローバー同様、カタバミにも四葉、六葉といった多葉変異体が発生する。クローバーに比べて環境耐性が高いためか、発生率はクローバーのそれに比べて低いとされている[要出典]

からにかけ黄色を咲かせる。花びらは5弁。日向では花を出すが、日陰に咲いてしまうと花がしぼんでしまうのが大きな特徴である。

果実円柱状で先がとがり、真っ直ぐに上を向いてつく。成熟時には動物などが触れると、自ら赤い種子を勢いよく弾き出す。最大1m程度までの周囲に飛ばすことができることも繁殖に有利となっている。

葉や茎は、シュウ酸水素ナトリウムなどの水溶性シュウ酸塩を含んでいるため、咬むと酸っぱい。シュウ酸英語oxalic acid というが、カタバミ属 (Oxalis) の葉から単離されたことに由来する。また、葉にはクエン酸酒石酸も含まれる。カタバミ属の植物をヒツジが食べると腎臓障害を起こすとの報告がある[要出典]

ヤマトシジミ幼虫が食草とする。

分布[編集]

世界中に分布する[4]

下位分類[編集]

ケカタバミ O. c. var. trichocaulon
全体的に毛が多い[8]
アカカタバミ O. c. f. rubrifolia
葉がやや小さくて赤い。通常のカタバミよりも環境に対する耐性が高く、都市部の道路路肩など、自動車排気ガスが常に吹き付けられるような場所でも自生し、を大きく伸ばす。
ウスアカカタバミ O. c. f. atropurpurea
葉の色がカタバミとアカカタバミとの中間のもの。
ホシザキカタバミ O. c. f. plena
花弁の枚数が10枚程度の重弁咲き[8]
タチカタバミ O. c. f. erecta
茎が直立する。

人間との関わり[編集]

全草は酢漿草(サクショウソウ)という生薬名であり、消炎、解毒下痢止めなどの作用があるとされる。臨床実験で肝炎にも効果があったとの報告もある[9]民間療法で絞り汁は虫さされに効果があるとされることがあるが、『中薬大辞典』に記載はみられない。

花言葉は「輝く心」である。

家紋[編集]

片喰紋酢漿草紋(かたばみもん)は日本の家紋の一種である。平安時代に車紋として使用された記録がある[10]。前述のとおり繁殖力が強く、一度根付くと絶やすことが困難であることが、「(家が)絶えない」に通じることから、武家の間では、家運隆盛・子孫繁栄の縁起担ぎとして家紋の図案として用いられた。五大紋の一つに数えられる。

戦国大名長宗我部元親など土佐長宗我部家の「七つ酢漿草」や新陰流である上泉信綱の「酢漿草」、徳川氏譜代酒井氏の「剣酢漿草」「丸に酢漿草」など、酢漿草紋を家紋とする戦国大名・武将も多い。江戸末期豊後日田儒学者である広瀬淡窓や大分県知事の広瀬勝貞などを輩出した商家廣瀬家も「丸に酢漿草」を用いていた。今太閤とも呼ばれた田中角栄家紋も「剣片喰」である。旧宇部領主安芸福原氏の酢漿草紋にちなみ、山口県立宇部高等学校の校章デザイン及び同窓会呼称に採用されている。また、古代女性がをカタバミの葉で磨いたという言い伝えにちなみ、日々の心の研鑚を願う思いから、私立江戸川女子中学校・高等学校が校章のデザインにも採用している。

「片喰」は、ハート型の葉が3つ描かれる。それに丸やなどを加えることがある。片喰のを描いた「片喰の実」もある。単数のものでは、3つから4つまでを描く。4つの葉を描いた「四つ葉片喰」はシダ植物デンジソウを図案化した「田字草紋」に似る。複数のものは2つから7つが組み合わせられる。

注と出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Oxalis corniculata L.”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2015年5月13日閲覧。
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Xanthoxalis corniculata (L.) Small”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2015年5月13日閲覧。
  3. ^ 米倉浩司; 梶田忠 (2003-). “BG Plants簡易検索結果表示”. 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList). 千葉大学. 2015年5月13日閲覧。
  4. ^ a b 野に咲く花 増補改訂新版』 346頁。
  5. ^ 尚学図書編 『日本方言大辞典』 小学館1989年[要ページ番号]ISBN 4-09-508201-1
  6. ^ 田中修 『雑草のはなし : 見つけ方、たのしみ方』 中央公論新社中公新書〉、2007年、70-71頁。ISBN 978-4-12-101890-8
  7. ^ 街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本 最新版』 334頁。
  8. ^ a b 街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本 最新版』 332頁。
  9. ^ 『中薬大辞典』 江蘇新医学院編、上海科学技術出版社、1986年[要ページ番号]
  10. ^ 高澤等 『家紋の事典』 千鹿野茂監修、東京堂出版2008年[要ページ番号]ISBN 978-4-490-10738-8

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]