エクトル・レヴェイエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Augustin Abel Hector Léveillé

エクトル・レヴェイエ(Augustin Abel Hector Léveillé、1864年3月13日 - 1918年11月25日)はフランスの聖職者、植物学者である。

生涯[編集]

ル・マンに生まれた。医学校と宣教師の学校を卒業した後、1887年9月29日に叙階され、同年11月16日から、インドのポンディシェリの大学の自然史の教授として派遣された。1891年に健康上の理由でフランスに戻り、故郷のル・マンに住んだ。雑誌『植物の世界』("Le Monde des Plantes" )を創刊し、終生この雑誌の発行責任者を続けた。1892年に植物地理学会(Académie internationale de géographie botanique )を設立し終身事務局長を務め、学会紀要、"Bulletin de l'académie internationale de botanique"(1900年に "Bulletin de géographie botanique" に改名された。)を創刊した。

1900年に国立自然史博物館の植物学者、アドリアン・ルネ・フランシェ(Adrien René Franchet)に勧められ、ボディニエ(Émile-Marie Bodinier)らの多くのフランス宣教師が極東で集めて、科学アカデミーに寄付された35000もの植物標本の研究を始めた。同じ聖職者のヴァニオ(Eugene Vaniot)とともに、植物学を含む広範な知識を生かして、2000種近い中国や韓国の新種植物の記載を行った。

レヴェイエの標本はスコットランドの植物学者ジョージ・フォレスト(George Forrest)によって購入された。

Adiantum leveilleiAegilops leveilleiなどの植物の学名に献名されている。

著書[編集]

  • 1911 - Iconographie du Genre Epilobium, Epilobes d'Amérique, Epilobes d'Europe. [1]など

外部リンク[編集]