シャジクソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャジクソウ属
シロツメクサ.jpg
シロツメクサ (Trifolium repens L.)
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: マメ目 Fabales
: マメ科 Fabaceae
亜科 : マメ亜科 Faboideae
: シャジクソウ属 Trifolium L.
  • 本文参照
四つ葉のクローバー
稀に五つ葉以上のクローバーも見つかる
稀に五つ葉以上のクローバーも見つかる

シャジクソウ属(トリフォリウム属、Trifolium)は、マメ科の属の一つ。英語ではクローバー(Clover)と総称される[1]。約300種が全世界に分布する。シャジクソウ属の多様性は北半球において最も高いが、南アメリカアフリカにも多くの種が分布している。

概説[編集]

茎は地を這うように長くのび、葉は三小葉。希に四、五および七小葉のものがある。花期は5-9月。高さ5-20cmほどの花柄の先に長さ1cmほどの小さな蝶形の花を密集して咲かせ球状の花序をつくる。花の色は白、黄色、ピンク、紅色など。一年草、二年草、または多年草である。属名はラテン語の「tres」(三)と「folium」(葉)に由来し、三つの小葉を持つことを指している。

和名の「ツメクサ」の由来は、江戸時代オランダから輸入されたガラス器の梱包の際に本草が詰め物として使われていたことから「詰草」と呼ばれるようになった。

重要な蜜源植物であり、クローバーの蜂蜜は世界で最も生産量が多い。葉は茹でて食用にすることもできる。花穂は強壮剤、痛風の体質改善薬などとして用いられていた。解熱・鎮痛効果もあると言われている。

アイルランドでは三つ葉のクローバーなどがシャムロックと呼ばれ、国の象徴として用いられており、例えばアイルランドの国営航空であるエアリンガスは尾翼にシャムロックのマークを付けているが、厳密にはシャムロックはクローバーのみを指すものではない。

また、あるジンクスに「五つ葉のクローバーは金銭面の幸運」「二つ葉のクローバーを見つけると不幸が訪れる」というものがある。

四つ葉以上のクローバー[編集]

四つ葉のクローバー十字架に見立てられ、幸福のシンボルとされることが多くあるが、実際にはアイルランド民俗学上、キリスト教普及以前より、特別な物とされていた。さらに五つ葉、六つ葉、七つ葉[2]、八つ葉[3]、なども発見数は少ないながらも確認されている。

世界一多くの葉を持つと認定されたクローバーは2009年5月10日岩手県花巻市矢沢のクローバー研究者小原繁男が発見した56枚葉のものである[4]2002年に小原が鉢植え中に発生した18枚葉のものがギネスブックに登録[5]され、2008年には小原とその家族によって21枚葉や27枚葉のものが発見されたが、より多いものがあると予測されたためギネスブックへの記録申請は見送った。小原は2009年5月3日に33枚のクローバーを発見し、ギネス認定に向け更新申請の準備を行っていたところ、1週間後の5月10日には56枚のクローバーを発見した[6]

シャジクソウ属の植物[編集]

日本に分布する在来種はジャジクソウのみであるが、シロツメクサをはじめとする多くの種が牧草、園芸、緑肥などの目的で導入され、帰化植物となった種類も多い。

クローバーが付く別属の植物[編集]

クローバーを由来とする名称・用語[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ただし一般的には、「クローバー」はシャジクソウ属の一種であるシロツメクサを指すことが多い。
  2. ^ 七つ葉のクローバー発見(京都新聞) [リンク切れ]
  3. ^ 八つ葉のクローバー発見(南日本新聞) [リンク切れ]
  4. ^ “56枚葉のクローバー、ギネス認定” (日本語). 読売新聞. (2010年9月20日). http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20100920-OYT1T00231.htm 2010年9月20日閲覧。 
  5. ^ Clover - Most Leaves (Guinness World Records)
  6. ^ 研究家も「たまげた!」岩手で56枚葉のクローバー発見”. YOMIURI ONLINE. 読売新聞社 (2009年5月10日). 2009年5月10日閲覧。