ヘルマン・カールステン (植物学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Hermann Karsten, 1894

ヘルマン・カールステン(Hermann Karsten 、Karl Hermann Gustav Karsten もしくはGustav Karl Wilhelm Hermann Karsten、1817年11月6日 - 1908年7月10日)は、ドイツ植物学者地質学者である。

ドイツ北部のシュトラールズントでうまれた。多くの学者を輩出した家系で、祖父は農業科学者のローレンツ・カールステン(Lorenz Karsten :1751-1829)であり、いとこに同名の鉱物学者、ヘルマン・カールステン(Hermann Karsten:1809-1877)と物理学者のグスタフ・カールステン(Gustav Karsten :1820-1900)がいる。ロストック大学ベルリン大学で学び、1843年から1847年までと、1848年から1856年の間、ベネズエラ、ヌエバ・グラナダエクアドルコロンビアで研究し、その後、ベルリン大学で植物学の非常勤教授となり、1868年からウィーン大学の植物学教授を務めた。その後、スイスベルリンで暮らし、ベルリンに植物生理学研究所を設立した。

主に熱帯植物の植物解剖学の分野で働き、著書に『植物細胞の化学』("hemismus der Pflanzenzelle")などがある。

著作[編集]

  • Florae Columbiae ..., 1859-1869.
  • Chemismus der Pflanzenzelle, 1869.
  • Deutsche Flora. Pharmaceutisch-medicinische Botanik, 1880-1883.

参考文献[編集]

  • Karl Mägdefrau: "Karsten, Hermann. In: Neue Deutsche Biographie" (NDB). Band 11, Duncker & Humblot, Berlin 1977, ISBN 3-428-00192-3, S. 305 f.
  • C. Schubert: "Hermann Karsten (1851) y Wilhelm Sievers (1888): las primeras descripciones e interpretaciones sobre el órigen de las terrazas aluviales en la Córdillera de Mérida." Bol. Hist. Geocien. Venez., 44, S. 15–19.
  • Robert Zander, Fritz Encke, Günther Buchheim, Siegmund Seybold (Hrsg.):" Handwörterbuch der Pflanzennamen". 13. Auflage. Ulmer Verlag, Stuttgart 1984, ISBN 3-8001-5042-5.