リンドウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンドウ科
Miyama-rindo.jpg
ミヤマリンドウGentiana nipponica
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : キク類 asterids
階級なし : シソ類 lamiids
: リンドウ目 Gentianales
: リンドウ科 Gentianaceae
学名
Gentianaceae
Juss., nom. cons.

本文参照

リンドウ科(Gentianaceae)は、リンドウ目に属する双子葉植物の科である。世界の広い範囲に分布し、極地高山砂浜など、かなり環境の厳しいところにも自生している。

一年草または多年草で、地下茎の肥大しているものもある。葉は鋸歯がなく、対生する。日本にも多くの自生種がある。リンドウトルコギキョウなどは観賞植物として栽培されており、また、リンドウ、センブリなど、薬草として利用されているものもある。ラテン語の科名も、西洋で初めてリンドウの薬用効果を発見したとされる皇帝ゲンティウスに由来する。

日本には10属約30種が分布する。

なお、アサザミツガシワなどを含むミツガシワ科はかつてはこの科に含めたが、現在では別系統とされている。

分類[編集]

約90属1700種が所属する。リンドウ属の種数が多く、約400種が分類されている。下位分類は以下の通り[1][2]

Saccifolieae
4属19種。
ベニヒメリンドウ連 Exaceae
8属165種。
Chironieae
23属159種。
Potalieae
13属154種。
Helieae
22属205種。新熱帯。
リンドウ連 Gentianeae
17属950種。
incertae sedis

系統[編集]

Yuan et al.(2003)による[3]

リンドウ科

Saccifolieae




ベニヒメリンドウ連 Exaceae




Chironieae




Potalieae




Helieae



リンドウ連 Gentianeae







脚注[編集]

  1. ^ Gentianaceae in APWeb”. 2012年10月4日閲覧。
  2. ^ Gentian Research Network”. 2012年10月4日閲覧。
  3. ^ Yong-Ming Yuan, Sébastien Wohlhauser, Michael Möller, Philippe Chassot, Guilhem Mansion, Jason Grant, Philippe Küpfer, Jens Klackenberg (2003). “Monophyly and relationships of the tribe Exaceae (Gentianaceae) inferred from nuclear ribosomal and chloroplast DNA sequences”. Molecular Phylogenetics and Evolution 28 (3): 500–517. doi:10.1016/S1055-7903(03)00068-X.