イヌサフラン科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イヌサフラン科
Colchicum speciosum0.jpg
Colchicum speciosum
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperm
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ユリ目 Liliales
: イヌサフラン科 Colchicaceae
学名
Colchicaceae
de Candolle

イヌサフラン科(イヌサフランか、学名Colchicaceae)はユリ目の1つである。

分布、形態[編集]

世界各地の温帯から熱帯に分布するが新熱帯には分布しない。鱗茎・球茎を持った小形の多年草で、半蔓性のものもある[1]

コルチカム(イヌサフラン, Colchicum)、バルボコディウム(Bulbocodium)、グロリオサGloriosa), サンダーソニアSandersonia)などの属は、花が美しく、日本でも観賞植物として栽培されている。日本にはチゴユリ属Disporum)が自生する。

分類[編集]

およそ250種を含む[2]

系統[編集]

以下のような系統樹が得られている[3]



Burchardia (paraphyletic)





Uvularia



チゴユリ属






Kuntheria



Schelhammeria



Tripladenia







Camptorrhiza



Iphigenia





Baeometra




Neodregea




Onixotis (paraphyletic)



Wurmbea








グロリオサ属+Littonia





Ornithoglossum



サンダーソニア属





Hexacyrtis



イヌサフラン属+Androcymbium









過去の分類体系[編集]

APG植物分類体系[編集]

Petermannia属はAPG植物分類体系第2版までイヌサフラン科に所属していたが、APG植物分類体系第3版において分離され、ペテルマニア科(Petermanniaceae)に置かれるようになった。

ダールグレン体系[編集]

ダールグレン体系でもこの科を認めている。ユリ目に属し、約20属200種ほどを含むとされる。

なお、APG植物分類体系におけるイヌサフラン科と種の数が異なるが、これはAPG植物分類体系におけるイヌサフラン科はダールグレン体系におけるイヌサフラン科のほかにウブラリア科(Uvulariaceae)の一部の種を含むためである。

その他の体系[編集]

クロンキスト体系新エングラー体系はこの科を認めておらず、ユリ科に含めている。

脚注[編集]

  1. ^ Colchicaceae, Uvulariaceae in L. Watson and M.J. Dallwitz (1992 onwards). The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, information retrieval. Version: 9 March 2006. http://delta-intkey.com.
  2. ^ Colchicaceae in Stevens, P. F. (2001 onwards).
  3. ^ Vinnersten, Annika and Reeves, Gail (2003). “Phylogenetic relationships within Colchicaceae”. American Journal of Botany 90 (10): 1455-1462. doi:10.3732/ajb.90.10.1455.