コハコベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コハコベ
Kaldari Stellaria media 01.jpg
コハコベ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ナデシコ亜綱 Caryophyllidae
: ナデシコ目 Caryophyllales
: ナデシコ科 Caryophyllaceae
: ハコベ属 Stellaria
: コハコベ S. media
学名
Stellaria media
(L.) Vill.
和名
コハコベ
英名
Common chickweed
Chickenwort
Stellaria media

コハコベ (Stellaria media) は、ナデシコ科ハコベ属越年草

特徴[編集]

全草

小型の草本で、草体は約10-20cm。はよく分枝する。花期は3-9月で、白色の花弁を5枚つける。各花弁は2深裂して10枚にみえる。雄蕊は1-7本。花柱は3個。

分布[編集]

北アメリカやヨーロッパでは庭草として一般的な植物である[1]。世界中に帰化植物として定着している。日本では史前帰化植物として扱われている。

人間との関係[編集]

日本では春の七草の一つとして古くから親しまれており、葉野菜として食用にされる。また家畜として飼われているニワトリの餌となることもある。ただし畑地では、他の穀物の成長を妨げる雑草として扱われ、オオムギの生産量を最大80%減少させることもあるとされる[2]

また民間療法において薬草として扱われることもあり、17世紀には、本種が疥癬の治療に効果的であるとされていたほか、気管支炎リウマチ関節炎にも効果があるという意見もある。ただしこれらの主張は、必ずしも科学的な根拠に基づいたものではない[3]

利用[編集]

以下のようにして利用される。

  • おひたしなど食用にすることができる。小鳥に食べさせる野菜代わりとしても重宝する。
  • 全草は繁縷(はんろう)という生薬で、利尿作用、浄血作用があるとされるが、民間薬的なもので漢方ではまず使わない。

脚注[編集]

  1. ^ Neltje, Blanchan (2005). Wild Flowers Worth Knowing. Project Gutenberg Literary Archive Foundation. 
  2. ^ A. Davis, K. Renner, C. Sprague, L. Dyer, D. Mutch (2005). Integrated Weed Management. MSU.
  3. ^ Howard, Michael (1987). Traditional folk remedies : a comprehensive herbal. London: Century. p. 119. ISBN 0712617310.