出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木本から転送)
移動: 案内検索

(き、: tree, woody plant, arbor)とは、

  • 植物の一種を指すための用語。樹木(じゅもく)とも言う[1]木本(もくほん、植物学用語)とも。
  • 用材や材木のこと[2]

概説[編集]

「き」「木」や「tree」というのは古代から用いられてきた呼称・概念である。

現代では、「木」は高木低木の総称である[2]とも、木は大きさによって高木(喬木 きょうぼく)と低木(灌木 かんぼく)に区別する[1]、とも。 「木・樹」と言って、たちき(立木)を指していることもある[2]。また「木・樹」と言って、特に高木を指す場合もある。

現代の植物学では(素朴な言葉として用いられている「木」という語を避け、学術的な用語を用いる場合)「木本植物」という用語で呼んでおり[1]、これは「草本植物)」と対応(対比)する語である[1]

硬いをもち、幾本ものがあり、地面を張り、生長する。幹は木質化し、次第に太く成長する。枝の先にはを付け、を咲かせ、主に種子をもって繁殖する。

高さは、高いものではたとえばオーストラリアのユーカリの一種のように130mほどに達するものがあり、小さいものではコケモモヤブコウジのような例がある[1]

高木が集まり森林をつくる

高木が集まってできた植物社会が森林であり、地球の陸地のほぼ半分は森林で占められているものの、近年は伐採(森林破壊)が進行中である[1]

木は古来、人間の生活・文化と密接な関係があり、洋の東西を問わず祭祀に何らかのかかわりを持っている[1]

学術的な定義を巡って[編集]

大多数の専門家が同意するような明瞭な植物学的な定義は提唱されていない。

たとえば岩波生物学事典の【木本】の項では「茎および根において肥大成長により多量の木部を形成し、その細胞壁の多くが木化して強固になっている植物。草本と対する」としている[3]。ただし、この定義に厳密に従えば木かどうか迷うパパイヤなどはもちろん、ナスキクなど一般には「」として扱われる多くの植物が木になってしまう。しかも、これらもに固有の性質ではない。ナス科キク科マメ科アブラナ科などには、通常は草として生育しているが、条件がそろえば枯れることなく連続的に生長し、軸を肥大・木化させる種もたくさんある。例えば、ナストウガラシは温帯では草であるが、熱帯亜熱帯では明瞭に灌木に分類される性質を示す。

一方で明瞭な茎の肥大が認められないモウソウチクココヤシなどは、その地上部は強固かつ10mを超える「高木」になるが、木には分類されない。葉が合わさって(偽茎)丈が高くなるバナナや、根が茎を補強することにより高くなるヘゴなども数メートル以上の「大木」になり、成長に従って「幹」が太くなるが木には分類されない。

他によくされる議論としては以下のようなものがある。年輪ができる植物を木本類)、できない植物を草本(そうほん)類)と定義する。ところが、「パパイアの木」には年輪ができないので、「草」に分類される。ただし、年輪は、季節による寒暖の変化や、乾燥・湿潤の変化により組織の生長スピードが変化した結果生じるから、明らかに木であっても、連続的に生長する条件(熱帯雨林のように、1年を通じて寒暖等が変化しない環境で生長した場合など)では、年輪はできない。

さらに別の見解として、とは非常に厚くなった細胞質を持つ死んだ細胞により生体が支持されている植物である、とするものがある。細胞が非常に厚い細胞壁を発達させ、死んで生体の支持に使われるようになることを木化、あるいは木質化という。具体的にいうと、いわゆる木材は、主として道管から成り立っているが、この道管は細胞壁が厚くなって、最後には細胞そのものは死んで、残った細胞壁がパイプの形で水をくみ上げる仕事を続けるものである。そのような部分をもつ植物が樹木だ、という判断である。上述の竹やココヤシなどは、これによれば木と見なされる。

しかし、現実にはほとんどの維管束植物で道管や仮導管の細胞壁は二次壁により肥大するため(つまり程度もの)、なにをもって「非常に厚い細胞壁」とするかは完全に恣意となり、厳密に適用すればほぼ全てが木に分類されてしまう。

上田弘一郎京大名誉教授(世界の竹博士)は『は木のようで木でなく、草のようで草でなく、竹は竹だ!』と力説していた[4]。 つまり、この発言も示すように専門家でも維管束植物を木か草に2分類するような定義は策定・同意しかねるものである。

進化的意味[編集]

木は陸上植物のみに見られる植物の形である。水中の植物にもコンブのように大きくなるものはあるが、それらは柔軟で細長い構造をしており、幹のような構造を持たない。これは、水中では体を支える必要がないこと、逆に陸上ではそれを支える仕組みなしには生存できないことによる。陸上生活を行うために、植物は空気中で広げられる葉や、それを支える茎、それに体を固定し保持し、水を吸い上げる根を発達させた。そのことで体を空中に突き出すことができるようになったことが、今度は他者より高い位置に出てその上に葉を広げる競争を生み出したのであろう。そしてこれを大規模に行うための適応が、木質化や肥大成長であり、それを支える根もさらに発達し、そのような構造を獲得することで植物は地上でもっとも背の高い生物となり得た。また、胞子による繁殖から種子の形成に至る生殖方法の進化は、自由な水に依存しない生殖を確保する方向の進化といわれるが、同時にそのような構造が地表をはるかに離れた枝先に形成されるようになったことの影響も考えられる。

生態学的意味[編集]

樹木は、それが可能な条件下では、ほとんどの陸上環境において、その地で最も大きくなる植物である。樹木が生育すれば、それによって地面は覆われ、その下はそれがない場合とははるかに異なった環境となる。これによって形成される相観、あるいはそこに見られる生物群集森林という。したがって、樹木の生育は、ある面でその地域の生物環境の重要な特徴を形成する。気候生態系をそこに成立する森林の型で分けるのはそのためである。

また、樹木は、その体を支持するために太くて固い幹を持つ。この部分はその群集、あるいは生態系における生物量の大きな部分を占める。つまり、木は生産物を多量に蓄え、保持するという点で、極めて特異な生産者である。その資源の大部分はセルロースリグニンという、いずれも分解の困難な物質であり、しかも頑丈で緻密な構造を作るため、これをこなせる生物は少ない。菌糸をのばし、その表面で消化吸収を行なうという生活の型をもつ菌類は、この資源を利用して進化してきたという面がある。それを含めて、この資源を巡っては、分解者と呼ばれるような、独特の生物の関わりが見られる。そこに生息する動物にも、シロアリキクイムシなど、菌類や原生生物との共生関係を持つものがある。

樹木を下から見た様子

他方、太くて高く伸びる茎や、細かく分かれた枝葉は、他の生物にとっては複雑で多様な構造を提供するものであり、生物多様性の維持に大きな意味をもつ。また、森林において、生産層は樹木の上部に集中する。しかし、それら地上に離れ離れに存在する幹から伸びたものである。したがって、ここを生息の場とする場合、場所を変えようとすれば、飛ばない限りは、一旦地上におりなければならない。これは大変なエネルギーロスである。動物の飛行滑空の能力の発達は、ここにかかわる場合も多いと考えられる。

分類学的意味[編集]

樹木になる植物は、シダ植物種子植物のみである。コケ植物には樹木はない。

シダ植物には、古生代にはリンボクなど多数の樹木が存在したが、それらの子孫はごく小型の草本として生活している。現在のシダ類で大型になるのは、ヘゴなど、いわゆる木生シダである。ただし、その茎は肥大成長を行うことがなく、下部は表面を覆う根に支えられている。

裸子植物の祖先とされるシダ種子植物も大型で、裸子植物のほとんどが木本である。中生代の地上を覆ったのは、裸子植物の森林であった。それ以降は、その後に出現した被子植物に、多くの場所で取って代わられ、裸子植物は、寒冷地などにその勢力の多くを保持している。

被子植物は木本のものも草本のものもあるが、どうやら草本の性質は木本から二次的に出現したと考えられている。特に双子葉植物に木本のものが多い。非常に多くの群があるが、森林の形成から見ると、ブナ科植物が重要である。

単子葉植物は大部分が草本である。樹木的外見を持つものはあるが、多くは普通の意味での木本はなく、いずれも特殊な構造をしている。バナナは茎ではなく偽茎で、葉鞘が重なり合ったものである。イネ科タケは構造的には草本のままであるが、木質化が強く、木本・草本どちらとも取れる。ヤシ科タコノキ科などはより木本であるが、二次成長のための構造がないため、茎は太っていかない。センネンボクなどは特殊な維管束形成層を発達させ、肥大成長をするため、木本といっていい。

人間と木[編集]

文化[編集]

木は古代から豊穣なイメージを提供している主題であり、現代でもそうありつづけている。

木は、自然の事物のうちでもっとも豊富でもっとも広範囲にわたる象徴をもつ主題のひとつだ、と飯島・濱谷らは指摘している[5]。人類のあらゆる時代、あらゆる地方の文化で木は主題として現れるが、それを大まかに要約すると、中心軸、生命豊穣、元祖のイメージ、に大別することも可能であると飯島らは指摘した[5]。分類のしかたは他にもいくつもあろうが、ここでは便宜的にそれを採用して説明を進めてみる。

中心軸

樹木は、多くの民族の文化において、地と天空をつなぐ axis mundi(宇宙軸、世界軸)と考えられた[5]ミルチア・エリアーデはこれを《中心のシンボリズム》と定義した[5]。こうした宇宙軸の観念は、紀元前4000-3000年ころにはすでにあり、樹木にかぎらずなどは、みな同様のシンボリズムを共有していたのである[5]。樹木というのも根が地下に張り枝は天空に伸びるためにそのシンボリズムを共有していたのである[5]

代表的なものとして扱われているものに、スカンジナビアに伝わる《エッダ》でうたわれたイグドラシルがある[5]

ガリアケルト人(フランス語ではゴール人)はオークゲルマン人菩提樹イスラム教徒オリーブインド人は「バニヤン」と呼ばれるイチジク、シベリアの原住民族はカラマツを、それぞれ聖なる木として崇拝していた[5]。これらの木は、世界の軸、つまり天と地が結ばれる場で神性の通り道としてされたのである[5]


生命力と豊穣のシンボル
カバラに記されている生命の樹

木は豊穣な生命力、生産力の象徴となってきた[5]。これは上述の中心のシンボリズムと一体化し分かち難いこともある(《セフィロトの木》、エデンの中心に立つ《生命の樹》など)[5]

インドでは、樹液地母神とされ、すべての木を流れ果実をみのらせるソーマあるいはアムリタである[5]。古代西アジアでは大地の女神イシュタルの恋人は植物神の木であり、イシュタルと木がヒエロス・ガモス(聖婚)を行うことによって大地は春の再生と冬の種子ごもりを繰り返す[5]

聖書キリスト教)では、エデンの中心に生命の樹知恵の樹が並んでいたが、これらはしばしば一本の木や並び立つ木として表現され、人間の生と象徴する[5]。またキリスト教では、十字架はしばしば永遠の生命を表す一本の木として表現されている[5]

元祖のイメージ

イザヤ書』の11章に描かれる《エッサイの木》はユダヤ人の歴史を象徴している[5]。そしてこのエッサイの木は中世のキリスト教で数多く表現されたイメージであり、エッサイの腰から生えた木には、マリアキリストが実っている[5]。ここから、ひとりの男の体から育つ木のイメージによって元祖や祖型およびそこから分岐・発展してゆくさまを図示する伝統が生じた[5]

現代の想像力への寄与
2000年の博覧会での建築物

木は近・現代でも人間の想像力をつねにかきたててきた[5]

シュルレアリストエルンストは森の連作を描いたが、これはロマン派中世神秘主義を継承したもので、文明に侵されない人間精神の根源を象徴するという[5]モンドリアンも、木の連作により宇宙的シンボリズムを抽象化した[5]クレーカンディンスキーは木を芸術的創造のプロセスにたとえた[5]

大江健三郎は木を主題とする一連の作品の中で宇宙樹のシンボリズムにふたたび力を与えた[5]

(上記にも関連する面もあるが)特に大きな樹木を神聖視して、これを祭り崇めることを巨木信仰という。天に届く木や、世界を支える木に関する神話伝説があちこちに見られる。単独の樹木ではなく、森林、あるいはそれを置く山を信仰の対象とする場合もある。

日本

日本では神社には鎮守の森があり、さらに神木がまつられることもある。

日本語の植物名は、サカキエノキヒノキケヤキツバキイブキミズキサツキアオキエゴノキマサキカキウツギヤナギヤドリギスギクヌギなど、「キ」または「ギ」で終わるものが少なくない。

関連[編集]

木材[編集]

再び木材の良さが見直され始めた

木は製材され、木材となり、建築材や家具、さまざまな道具の材料として利用される。材木の供給を求めての人工林も作られる。内装無垢材を使用した家はシックハウス症候群対策に再び見直されはじめた。また、木の香りにはリラックス効果が認められている。

また、人類の歴史のはじめから、燃料としても利用されてきた。木を蒸し焼きにして炭化することで、燃料としての有用性を高めたのが(木炭)である。

現代社会では、の原料としての用途も重要である。

[編集]

生きた木は木陰を作り、日除け、風除けと利用できる他、果実や葉、樹液や幹が食糧となる種もあり、人家周辺に木を植える事は世界に広くおこなわれている。地域によってその有り様は様々である。

潤いと木陰を求めて樹木を栽培することもよく行なわれる。市街地の道路に沿って植栽されたものを街路樹、道路の他、河川や単に並んで生えているものは並木、庭の仕切りとするものを生垣、家を覆うように作られるのが屋敷林といったふうに、様々な呼び名がある。

種類[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 平凡社『世界大百科事典』vol.6, p.528【き 木】岩槻邦男 執筆箇所。
  2. ^ a b c 『広辞苑』 第五版 p.620, 「き 【木・樹】」
  3. ^ 『岩波 生物学事典』第四版、p.1403【木本】
  4. ^ 尾池和夫 (2007年4月6日). “京都大学-大学の紹介/総長室 2007年4月6日 大学院入学式 式辞”. 2008年4月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 平凡社『世界大百科事典』vol.6, p.528-529 【き 木】 飯島吉晴および濱谷稔夫 執筆箇所

関連項目[編集]