疎林

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

疎林(そりん)は樹木密度が薄い森林のことを指す。通常の森林であれば連続してが作られるが、疎林では太陽光が木々の間から、地面まで差し込んでくる。

疎林が成立するのは、植物の生育条件としてよくない点がある場合であることが多い。たとえば土壌栄養分が乏しく、乾燥酷寒強風などの厳しい気候、あるいは樹木を傷める動物昆虫などにさらされている場合である。

例えば、樹木のまばらな亜寒帯タイガ熱帯サバンナなどがある。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]