断面

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
黄色い線が断面を表している

断面(だんめん、cross-section)は、ある3次元の物体を切断したときに現れる2次元ののことである。

横断方向に切断したものは横断面(おうだんめん)とも言う。

数学では、立体と平面が交わってできる面と定義される。断面の面積断面積(だんめんせき)とよぶ。

物体の断面を表した図を断面図(だんめんず)と呼び、横断面を表したものを横断図または横断面図、縦断方向の断面を表した図を縦断図または縦断面図と呼ぶ。

断面図は、物体の内部を表現するのによく用いられる手法である。製図では、伝統的に断面の部分には斜線(クロスハッチ)が描かれる。