ヤドリギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤドリギ
363 Viscum album.jpg
Viscum album L.
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: ビャクダン目 Santalales
: ヤドリギ科 Viscaceae
: ヤドリギ属 Viscum
: ヤドリギ V. album
学名
Viscum album L.
和名
ヤドリギ
オウシュウヤドリギ
英名
mistletoe
European mistletoe
common mistletoe
亜種
  • 本文参照

ヤドリギ宿り木)は広義にはヤドリギ類 (mistletoe) の総称的通称だが、狭義には特にそのうちの一種、日本に自生する Viscum album subsp. coloratum標準和名である。

狭義のヤドリギ Viscum album subsp. coloratum は、セイヨウヤドリギ Viscum album英語: European mistletoe, common mistletoe)の亜種である。この項目ではViscum albumとその亜種について解説する。

なお、学名はラテン語により、「白い(album)宿り木(viscum)」の意。

従来はヤドリギ科に属すとされていたが、現在(APG植物分類体系)はビャクダン科に含められている。

特徴[編集]

ヨーロッパおよび西部・南部アジア原産。半寄生灌木で、他の樹木の枝の上に生育する。30-100cmほどの長さの叉状に分枝したを持つ。黄色みを帯びた緑色の葉は1組ずつ対をなし、革のような質感で、長さ2–8センチメートル、幅0.8–2.5cmほどの大きさのものが全体にわたってついている。花はあまり目立たない黄緑色で、直径2–3cm程度である。果実は白または黄色の液果であり、数個の種子が非常に粘着質なにかわ状の繊維に包まれている。

全体としては、半ば宿主の枝から垂れ下がって、団塊状の株を形成する。宿主が落葉すると、この形が遠くからでも見て取れるようになる。

イギリスのヤドリギ

亜種[編集]

亜種は一般的に4種類まであるとされており、しばしばさらに2亜種が加えられる。それらは果実の色、葉の形と大きさ、そして最も特徴的には宿主となる木が異なる。

  • Viscum album subsp. abietis (Wiesb.) Abromeit — 中央ヨーロッパに分布する。果実は白、葉の大きさ8センチメートル。モミに寄生する。
  • セイヨウヤドリギ Viscum album subsp. album — ヨーロッパ、南西アジアからネパールにかけて分布。果実は白、葉は3–5センチメートル。リンゴ属ポプラシナノキ属、まれにコナラ属の樹木に寄生。
  • Viscum album subsp. austriacum (Wiesb.) Vollmann — 中央ヨーロッパに分布。果実は黄色、葉は2–4センチメートル。カラマツ属マツトウヒに寄生する。
  • Viscum album subsp. creticum — ベーリング (Böhling) らが近年クレタ島西部から報告した (Böhling et al. 2002)。果実は白、葉は短い。カラブリアマツ (Pinus brutia) に寄生。
  • ヤドリギ Viscum album subsp. coloratum Komar — 日本でヤドリギといった場合、主にこれを指す。『中国植物志』では別種 Viscum coloratum (Komar) Nakai として扱われる。

日本のヤドリギ[編集]

日本のヤドリギ(岩手県遠野市で)

日本のヤドリギは上記のようにセイヨウヤドリギの亜種とされる。基亜種の果実が白く熟すのに対し、淡黄色になる。まれに橙黄色になるものがあり、アカミヤドリギ f. rubro-aurantiacum と呼ばれる。宿主樹木はエノキ・クリ・アカシデ・ヤナギ類・ブナ・ミズナラ・クワ・サクラなど幅広いが、基亜種よりは多くない。

果実は冬季に鳥に食われる。キレンジャクヒレンジャクなどがよく集まることで知られる。果実の内部は粘りがあり、種子はそれに包まれているため、鳥の腸を容易く通り抜け、長く粘液質の糸を引いて樹上に落ちる。その状態でぶら下がっているのが見られることも多い。粘液によって樹皮上に張り付くと、そこで発芽して樹皮に向けて根を下ろし、寄生がはじまる。

参考文献[編集]

  • Böhling, N.; Greuter, W.; Raus, T.; Snogerup, B.; Snogerup, S.; Zuber, D. (2003). "Notes on the Cretan mistletoe, Viscum album subsp. creticum subsp. nova (Loranthaceae/Viscaceae)". Israel J. Pl. Sci. 50 (Suppl.): 77–84.
  • 佐竹義輔他編、『日本の野生植物 木本 II』(新装版)、(1999)、平凡社