ヘゴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘゴ
Cyathea spinulosa.jpg
自生するヘゴ
八丈島・裏見ノ滝近辺
分類
: 植物界 Plantae
: シダ植物門 Pteridophyta
: シダ綱 Pteridopsida
: ヘゴ目 Cyatheales
: ヘゴ科 cyatheaceae
: ヘゴ属 Cyathea
: ヘゴ C. spinulosa
学名
Cyathea spinulosa
Wall. ex Hook.
和名
ヘゴ
英名
large spiny tree fern

ヘゴ桫欏杪欏、学名Cyathea spinulosa)とは、ヘゴ科常緑性大形の木生シダである。

生態[編集]

湿度の高い林中を好む。は高さ4メートル、基部の径は50センチに達し、まれに枝分れする。茎の上部には、長さ2メートルを超す葉が開出する。葉柄葉身より短く、紫褐色で刺が密生し、暗褐色の辺縁に刺のある鱗片をつける。葉身は2回羽状に分裂、小羽片は羽状に深裂し、裏面に薄い包膜で覆われた胞子嚢群を多数つける。

分布[編集]

紀伊半島南部や八丈島を北限とし、四国九州南部、屋久島より南でよくみかけられる。また、小笠原諸島にも分布する。ただし紀伊半島や四国ではせいぜいがベニシダ程度の大きさで、木生になるまで成長した個体は見られていない。


近縁種[編集]

日本には本種のほかに6種の近縁種がある。沖縄諸島のヒカゲヘゴは大形で高さ7メートルに達し、ヘゴと異なり包膜がなく、鱗片に刺がない。小笠原諸島に産するマルハチはこの近縁種で、いずれも亜熱帯の指標植物であることから、大型温室には好んで栽植される。紀伊半島が北限のクサマルハチは、ヘゴ科のなかでもっとも北に分布する小形種で、根茎は直立せず斜上する。

利用[編集]

ヘゴ科の茎は樹木の幹と異なり肥大成長をしないが、茎から出る無数の不定根に厚く覆われ、基部が太くなる。この不定根の層は湿度と空気とを適度に保持するため、着生のランやシダ類の栽培に適し、ヘゴ板として市販される。東南アジアや中南米では、茎や根塊を彫刻して土産品とする。ゼンマイ状に伸びた新芽は山菜として利用されることもある。また、茎はデンプンを多量に含むため、かつてはニュージーランドをはじめ多くの地域で、原住民がこれを食用としていた。 なお、ヘゴ科全般は、ワシントン条約付属書Ⅱに掲載されており、土産物も含めてその輸出入には注意が必要である。