ウツギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウツギ
Utugi619.JPG
ウツギ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: バラ目 Rosales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: ウツギ属 Deutzia
: ウツギ Deutzia crenata
学名
Deutzia crenata Sieb. et Zucc.
和名
ウツギ(空木)

ウツギ(空木、学名:Deutzia crenata)はアジサイ科ウツギ属落葉低木で、ウノハナ卯の花)とも呼ばれる。

特徴[編集]

樹高は2-4mになり、よく分枝する。樹皮は灰褐色で、新しいは赤褐色を帯び、星状毛が生える。の形は変化が多く、卵形、楕円形、卵状披針形になり、葉柄をもって対生する。花期は5-7月。枝先に円錐花序をつけ、多くの白いを咲かせる。普通、花弁は5枚で細長いが、八重咲きなどもある。

が中空のため空木(うつぎ)と呼ばれる。「卯の花」の名は空木(うつぎ)の「ウ」を取って、う(=うつぎ)の花と名付けられた。 ちなみに、旧暦4月を卯月というのは、卯の花が咲く季節から、卯月と名付けられた。

分布と生育環境[編集]

北海道南部、本州、四国、九州に広く分布し、山野の路傍、崖地など日当たりの良い場所にふつうに生育するほか、畑の生け垣にしたり観賞用に植えたりする。

下位分類[編集]

変種のビロードウツギの他、多くの品種がある。

  • ビロードウツギ Deutzia crenata Sieb. et Zucc. var. heterotricha (Rehder) H.Hara
  • シロバナヤエウツギ Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. candidissima (Bon.) H.Hara
  • オオミウツギ(クマガワウツギ) Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. macrocarpa Nakai
  • サラサウツギ(ヤエウツギ) Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. plena (Maxim.) C.K.Schneid.
  • ジクゲウツギ(ケウツギ) Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. pubescens (Makino) H.Hara
  • ムラサキウツギ(アケボノウツギ) Deutzia crenata Sieb. et Zucc. f. purpurina Honda

ギャラリー[編集]

ヤエウツギ 
ウツギ 

他属、他科の「ウツギ」[編集]

ウツギ属に属する種の他にも、何々ウツギという名の木は次のように数多く、花の美しいものや、葉や見かけがウツギに似たものなどがある。

など。

参考文献[編集]

関連項目[編集]