ミツバウツギ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミツバウツギ科
Staphylea bumalda (200705).jpg
ミツバウツギStaphylea bumalda
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: ムクロジ目 Sapindales
: ミツバウツギ科 Staphyleaceae
  • 本文参照

ミツバウツギ科(Staphyleaceae)は双子葉植物に属する科。熱帯から北半球の温帯にかけて分布する木本、5属60種ほどからなる。日本にはミツバウツギ、ゴンズイ、ショウベンノキの3種がある。

は対生、奇数羽状複葉のものが多い。は両性花で放射相称、5数。子房は上位、2-3心皮からなる。果実はさく果または分果。

ミツバウツギを山菜として利用することはあるが、経済的な価値はほとんどない。

従来のクロンキスト体系ではムクロジ目ミツバウツギ科としているが、APG植物分類体系では2つの科に分割されている。 Huertea属、Tapiscia属は、フエルテア目タピスキア科に、ゴンズイ属、ミツバウツギ属、ショウベンノキ属はクロッソソマ目ミツバウツギ科に入れている。

[編集]

外部リンク[編集]