新エングラー体系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新エングラー体系(しんエングラーたいけい、英語modified Engler system 又は updated Engler system)は、アドルフ・エングラーが提唱したエングラー体系をもとに、1953年及び1964年ハンス・メルヒオール (Hans Melchior) らが提唱した植物分類体系である[1]

概要[編集]

アドルフ・エングラーアウグスト・アイヒラー1883年に発表した『薬用植物学講義提要』(植物・医薬学のための植物学概説)"Syllabus der Vorlesungen über specielle und medicinisch-pharmaceutische Botanik" を引き継ぐ形で、1892年に『植物分科提要』"Syllabus der Pflanzenfamilien" (en) を発表した[2][1][3]。これは、1936年までに、アドルフ・エングラーの後継者であるルートヴィヒ・ディールスが第11版まで改訂した[1][4]。これが「エングラー体系」や「エングラーの体系」と呼ばれているものである[1]

エングラー体系のもととなった、アイヒラーが提唱した分類体系では、『進化は単純なものから複雑なものへと進む』という当時の進化論の考えをもとに、下記の要素が盛り込まれている[2][3][4]。この隠花植物にはシダ植物蘚苔類藻類及び菌類が含まれている[3]

エングラーはアイヒラーの体系に、下記の考えを加えた[1][4]

この考えにより、単子葉類はアダン目沼生目から細子目へ、双子葉類は輪生目コショウ目からキキョウ目へ、という配列となった[1]

これは、カール・プラントル (Karl Prantl) との共著『自然植物分科』"Die Naturlichen Pflanzenfamilien" (1887〜1915) や『植物分科提要』"Syllabus der Pflanzenfamilien"などでまとめられている[1][4]。日本では、本田正次向阪道治による『大綱日本植物分類学』(1930年)やその改訂版[3]、『高等植物分類表』(1952年、北隆館)などにより導入された[5]

『植物分科提要』"Syllabus der Pflanzenfamilien" (1892〜1936) をもとに、ハンス・メルヒオールらが、1953年隠花植物裸子植物の、1964年被子植物の新しい、"Syllabus der Pflanzenfamilien" ed. 12 vol. 1, 2. を発表した[1][3]。これが、いわゆる『新エングラー体系』と呼ばれているものである。または、Melchior system(メルヒオールの体系)とも呼ばれる[6]

メルヒオールの改良点は、以下のとおりであるが、これらの一部は『進化は単純なものから複雑なものへと進む』というアイヒラーから続く考えに反し、ストロビロイド説を取り入れたものとなっている[1]

その具体的な内容については、#分類を参照。

この分類は直感的に分かりやすく、森田は、実用性と全ての植物を網羅した体系であることを指摘し、『この分類が広く用いられているのは、(中略)他に匹敵するものがないことによると思われる』と述べている[4]。実際に、世界各地で受け入れられ、タイプ標本を保存している各国のハーバリウム(植物標本館、植物標本室)などで採用されてきた[3]

その後、1988年ストロビロイド説に基づくクロンキスト体系が、1998年分子系統解析に基づくAPG体系(最新は、2009年発表のAPG III)が発表され、新エングラー体系(やクロンキスト体系)が学問的には古典的なものとなり、例えば、労力を要するハーバリウムの整理においても、日本の国立科学博物館がその拡張に伴いAPG分類体系に基づく標本の整理を行うなど、国内外でAPG分類体系の導入が進んでいる[5]

原著[編集]

  • Melchior, H. & E. Werdermann (1954) A. Engler's Syllabus der Pflanzenfamilien, 12th edtion, vol 1, Allgemeiner Teil. Bakterien bis Gymnospermen..
  • Melchior, H. & E. Werdermann (1964) A. Engler's Syllabus der Pflanzenfamilien, 12th edtion, vol 2, Angiospermen.

分類[編集]

新エングラー体系による種子植物までの分類を以下に示す。被子植物の和名は、米倉・梶田(2003-)[7]に基づき、大場(2009、313頁)で挙げられているものも参考として()内に記載した。

裸子植物門[編集]

ソテツ綱[編集]

マツ綱[編集]

イチイ綱[編集]

グネツム綱[編集]

被子植物門[編集]

双子葉植物綱[編集]

古生花被植物亜綱[編集]

合弁花植物亜綱[編集]

単子葉植物綱[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 清水建美「科の並べ方」『週刊朝日百科 植物の世界 創刊号別冊付録』岩槻邦男ら監修、朝日新聞社編、1994年4月17日、3頁。
  2. ^ a b 清水建美「植物分類とその歩み」『週刊朝日百科 植物の世界 創刊号別冊付録』岩槻邦男ら監修、朝日新聞社編、1994年4月17日、1頁。
  3. ^ a b c d e f 大場(2009、289-292頁)
  4. ^ a b c d e 森田龍義「エングラー」『日本大百科全書(ニッポニカ)』コトバンク(2015年5月14日閲覧)
  5. ^ a b 邑田監・米倉著(2013、15-22頁)
  6. ^ Swift, Lloyd H. (1974). Botanical Classifications. Hamden, Connecticut,USA: Archon Books. 
  7. ^ 米倉浩司・梶田忠「新エングラーの被子植物の科の配列」『BG Plants 和名−学名インデックス(YList)』、2003年-。(2015年5月14日閲覧)

参考文献[編集]

  • 大場秀章編著『植物分類表』アボック社、2009年11月2日(2010年4月20日初版第2刷(訂正入))、513頁、ISBN 4-900358-61-4
  • 清水建美「植物分類表」『週刊朝日百科 植物の世界 創刊号別冊付録』岩槻邦男ら監修、朝日新聞社編、1994年4月17日、1-6頁。
  • 邑田仁監修・米倉浩司著『維管束植物分類表』北隆館、2013年4月25日、213頁、ISBN 4-8326-0975-4
  • 米倉浩司・梶田忠「新エングラーの被子植物の科の配列」『BG Plants 和名−学名インデックス(YList)』、2003年-。(2015年5月14日閲覧)