新エングラー体系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

新エングラー体系(しんエングラーたいけい、modified Engler system)は、アドルフ・エングラー1887年から逐次発表した分類を基にした、植物(現代的な分類では植物に属さないものも含む)の分類体系である。

使用[編集]

この分類は直感的に分かりやすいため、市販の植物図鑑等で今でもよく使われる[要出典]。また、生物教科書の分類もこれである[要出典]

学術的にも、近年の学術論文ではより新しい分類体系が使われることがあるが、タイプ標本を保存している各国のハーバリウム(植物標本館、植物標本室)では、過去の膨大な標本資産との整合性を維持させるため、新エングラー体系が分類体系として使われ続けている。

新エングラー体系以降に作成されたより新しい分類体系に、クロンキスト体系APG体系がある。(詳細はそれぞれの記事を参照)

特徴[編集]

被子植物の中で、おしべ1本とめしべ1本を持つ単純な構造のを原始的な形態とみなし、そのような植物分類群から複雑な構造の花を持つ群へと進化したものと考えて、系統的に配列分類する。

バージョン[編集]

  • Die Natürlichen Pflanzenfamilien (1887–1915)
  • Das Pflanzenreich (1900–1968)
  • Syllabus der Pflanzenfamilien 第12版 (1954–1964)

亜門までの分類[編集]

和名は(無管有胚植物門を除き)本田&向坂 (1929) による[1]。必ずしも直訳になっていない。

種子植物の分類[編集]

種子植物の、目までの分類を、以下に示す。

裸子植物Gymnospermae[編集]

ソテツ綱 Cycadopsida[編集]

マツ綱 Coniferopsida[編集]

イチイ綱 Taxopsida[編集]

グネツム綱 Chlamydospermae[編集]

被子植物Angiospermae[編集]

双子葉植物Dicotyledoneae[編集]

古生花被植物亜綱 Archichlamydeae[編集]

合弁花植物亜綱 Sympetalae[編集]

単子葉植物Monocotyledoneae[編集]

出典[編集]