グネツム綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グネツム綱
Welwitschia-mirabilis-female.jpg
分類新エングラー体系
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: グネツム綱 Gnetopsida
: グネツム目 Gnetales
学名
Gnetopsida Eichler ex Kirpotenko 1884 [1]
和名
グネツム綱

グネツム綱(グネツムこう、学名Gnetopsida)は、裸子植物門に属する植物群の1つである。非常に多様なものを含むが、裸子植物としては進化した体制を持つ。

グネツム綱にはグネツム目のみを含む。グネツム目は3つの科で構成される[2]

かつては被子植物に近縁とも考えられたが、現在では被子植物とは異なり、他の裸子植物(球果植物綱イチョウ綱ソテツ綱)と共通の系統に入ると考えられている。最近では、球果植物門の系統に入りマツ科に近縁と考える説も唱えられている[3]

脚注[編集]

  1. ^ Tropicos Gnetopsida
  2. ^ 馬渡峻輔・加藤雅啓・岩槻邦男 『バイオディバーシティ・シリーズ 植物の多様性と系統』 裳華房1997年10月20日ISBN 978-4-7853-5825-9
  3. ^ Seed plant phylogeny: Gnetophytes are derived conifers and a sister group to Pinaceae