ウリ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウリ科
Cucumis sativus1.jpg
分類APG III
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : バラ類 rosids
階級なし : マメ類 fabids
: ウリ目 Cucurbitales
: ウリ科 Cucurbitaceae
学名
Cucurbitaceae Juss.
英名
Gourd family
[1]

ウリ科(うりか、瓜科、学名: Cucurbitaceae)は、被子植物の科である。

類縁については昔から議論があり、新エングラー体系では独立のウリ目 Cucurbitales にした(離弁花類と合弁花類のどちらに入れるか問題となっていた)が、クロンキスト体系ではスミレ目 Violales に分類していた。最新のAPG体系ではシュウカイドウ科などを含むウリ目とする。

特徴[編集]

ほとんどが巻きひげをもつつる性の草本からなる。ウリ科の植物の多くは熱帯に分布し、人類の歴史上最も古い作物を含む。キュウリスイカカボチャズッキーニヒョウタンヘチマトウガンテッポウウリユウガオツルレイシ(ニガウリ、ゴーヤー)、メロンなど多くの種が古くから果菜果物として栽培されてきた。また、ラカンカキカラスウリなど、果実や塊根生薬として用いられる種もある。

ククルビタシンは、ウリ科植物に特有のステロイドの一種であり、トリテルペンに属する。キュウリ、メロン、スイカなどのへたに近い部分に含まれる苦味成分である。特にツルレイシ(ニガウリ、ゴーヤー)に多く含まれ、モモルデシチンとともに強烈な苦味の元になっている。

亜科・連・亜連[編集]

伝統的に、カボチャ亜科 Cucurbitoideae と、ザノニア亜科 Zanonioideae または Nhandiroboideae の2亜科に分けられていた。ただし、Nhandiroboideae は不適格な名であり、ZanonioideaeFevilleoideae のシノニムであることが指摘されている[1]。かつての全130属のうち、カボチャ亜科に111属、ザノニア亜科に19属が含まれていた[2]。しかし、この分類は系統的ではなく、これに代わる亜科分類も行われていない[2][1]

伝統的に8~9連に分けられてきたが、系統的な15連に再編された[1]

学名 記載者 和名 属数 種数 旧亜科
01 Gomphogyneae Benth. & Hook.f. アマチャヅル連 06属 056種 ザノニア亜科
02 Triceratieae A.Rich. 05属 024種
03 Zanonieae Benth. & Hook.f. ザノニア連 04属 011–13種
04 Actinostemmateae H.Schaef. & S.S.Renner ゴキヅル連 01属 003種
05 Indofevilleeae H.Schaef. & S.S.Renner 01属 001種 カボチャ亜科
06 Thladiantheae H.Schaef. & S.S.Renner オオスズメウリ連 02属 035種
07 Siraitieae H.Schaef. & S.S.Renner ラカンカ連 01属 0043–4種
08 Momordiceae H.Schaef. & S.S.Renner ツルレイシ連 01属 060種
09 Joliffieae Schrad. 03属 010種
10 Bryonieae Dumort. 03属 015種
11 Schizopeponeae C.Jeffrey ミヤマニガウリ連 02属 009–10種
12 Sicyoeae Schrad. アレチウリ連 12属 264–266種
13 Coniandreae Endl. 19属 147–156種
14 Benincaseae Ser. トウガン連 24属 204–214種
15 Cucurbiteae Ser. カボチャ連 11属 100–111種

この表は、原始的な連から進化的な連の順に並んでいるが、一部の分岐順序は不確実である。

ウリ科

Gomphogyneae アマチャヅル連





Triceratieae



Zanonieae ザノニア連





Actinostemmateae ゴキヅル連




Indofevilleeae



Thladiantheae オオスズメウリ連




Siraitieae ラカンカ連




Momordiceae ツルレイシ連



Joliffieae




Bryonieae




Schizopeponeae ミヤマニガウリ連



Sicyoeae アレチウリ連



Coniandreae




Benincaseae トウガン連



Cucurbiteae カボチャ連











伝統的に、多数の亜連に分けられてきたが、そのほぼ全てが単系統ではなかった[2]

属までの分類[編集]

連、各連の属、各属の種数は Schaefer & Renner (2011)[1]による。計、95属942–978種が知られている[1]

Gomphogyneae アマチャヅル連[編集]

Triceratieae[編集]

  • Fevillea フェビレア属 - 8種。
  • Anisosperma - 1種。
  • Cyclantheropsis - 3種。
  • Pteropepon - 5種。Pseudosicydium を含む。
  • Sicydium - 7種。Chalema を含む。

Zanonieae ザノニア連[編集]

Gerrardanthus macrorhizus 
Xerosicyos danguyi
グリーンドラム”などの名で流通。マダガスカル産。 

Actinostemmateae ゴキヅル連[編集]

Indofevilleeae[編集]

  • Indofevillea - 1種。

Thladiantheae オオスズメウリ連[編集]

Thladiantha villosula 

Siraitieae ラカンカ連[編集]

Momordiceae ツルレイシ連[編集]

Joliffieae[編集]

Bryonieae[編集]

Schizopeponeae ミヤマニガウリ連[編集]

Sicyoeae アレチウリ連[編集]

Marah macrocarpa 
バクダンウリ
Cyclanthera explodens 
coastal manroot
Marah oreganus 
カラスウリ
Trichosanthes cucumeroides 

Coniandreae[編集]

Kedrostis nana 
Dendrosicyos socotranus
ウリ科唯一の木本で、ソコトラ島固有種。 
Ibervillea tenuisecta 
Gurania malacophylla 

Benincaseae トウガン連[編集]

メロンの一種
Cucumis melo var. 

Cucurbiteae カボチャ連[編集]

  • Polyclathra - 6種。
  • Peponopsis - 1種。
  • Cucurbita カボチャ属 - 15種。
  • Calycophysum - 5種。
  • Sicana - 4種。
  • Penelope - 2種。Anacaona を含む。
  • Tecunumania - 1種。
  • Schizocarpum - 11種。
  • Cionosicys - 4–5種。
  • Abobra - 1種。
  • Cayaponia - 50–59種。Selysia を含む。

旧分類[編集]

Zanonioideae ザノニア亜科[編集]

  • Zanonieae ザノニア連
    • Fevilleinae 亜連 - Fevillea フェビレア属
    • Zanoniinae 亜連 - AlsomitraZanoniaSiolmatraGerrardanthus ゲラルダンサス属・ZygosicyosXerosicyosNeoalsomitra ネオアルソミトラ属
    • Gomphogyninae 亜連 - HemsleyaGomphogyneGynostemma アマチャヅル属
    • Actinostemmatinae 亜連 - BolbostemmaActinostemma ゴキヅル属
    • Sicydiinae 亜連 - SicydiumChalemaPteropeponPseudosicydiumCyclantheropsis

Cucurbitoideae カボチャ亜科[編集]

  • Melothrieae
    • Dendrosicyinae 亜連 - Kedrostis ケドロステス属・Dendrosicyos デンドロシキオス属・Corallocarpus コラロカルプス属・Ibervillea イベルビレア属・TumamocaHalosicyos ハロシキオス属・Ceratosanthes ケラトサンテス属・Doyerea ドイエレア属・TrochomeriopsisSeyrigiaDieterlea ディエテレア属・Cucurbitella ククルビテラ属・Apodanthera アポダンテラ属・GuraniopsisMelothrianthusWilbrandia
    • Guraniinae 亜連 - HelmontiaPsiguriaGurania
    • Cucumerinae 亜連 - Cucumis キュウリ属(Mukia サンゴジュスズメウリ属・DicaelospermumCucumella ククメラ属・OreosyceMyrmecosicyosMelancium を含む[4])・CucumeropsisPosadaeaMelothria スズメウリ属[5]MuellarargiaZehneria スズメウリ属[5]
    • Trochomeriinae 亜連 - Solena テングスズメウリ属・TrochomeriaDactyliandraCtenolepsis
  • Joliffieae
    • Thladianthinae 亜連 - IndofevilleaSiraitia (ラカンカ属・Thladiantha オオスズメウリ属・Momordica ツルレイシ属
    • Telfairiinae 亜連 - Telfaria
  • Schizopeponeae ミヤマニガウリ連
    • Schizopepon ミヤマニガウリ属
  • Trichosantheae カラスウリ連
    • Hodgsoniinae 亜連 - Hodgsonia
    • Ampelosicyinae 亜連 - AmpelosicyosPeponium
    • Trichosanthinae 亜連 - GymnopetalumTrichosanthes カラスウリ属・Tricyclandra
    • Herpetosperminae 亜連 - Cephalopentandra ケファロペンタンドラ属・BiswareaHerpetospermumEdgaria
  • Sicyeae アレチウリ連
    • Cyclantherinae 亜連 - HanburiaEchinopeponMarah マラー属・Echinocystis エキノキスティス属・VaseyanthusBrandegea ブランデゲア属・ApatzinganiaCremastopusElateriopsisPseudocyclantheraCyclanthera バクダンウリ属・Rytidostylis
    • Sicyinae 亜連 - Sicyos アレチウリ属・SicyospermaParasicyos パラシキオス属・MicrosechiumSechium ハヤトウリ属・SechiopsisPterosicyos
  • Benincaseae トウガン連
    • Benincasinae 亜連 - Cogniauxia コグニオーキシア属・RuthaliciaLagenaria ヒョウタン|ユウガオ属・Benincasa トウガン属・PraecitrullusCitrullus スイカ属・AcanthosicyosEureiandra ユーレイアンドラ属・BambekeaNothoalsomitraCoccinia コッキニア属・Diplocyclos オキナワスズメウリ属・RaphidiocystisLemurosicyosZombitsiaEcballium テッポウウリ属・Bryonia ブリオニア属
    • Luffinae 亜連 - Luffa ヘチマ属
  • Cucurbiteae カボチャ連
    • Cucurbita カボチャ属・SicanaTecunumaniaCalycophysumPeponopsisAnacaonaPolyclathraSchizocarpumPenelopeiaCionosicyosCayaponiaSelysiaAbobra

incertae sedis[編集]

  • Odosicyos オドシキオス属

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Schaefer, Hanno; Renner, Susanne S. (2011), “Phylogenetic relationships in the order Cucurbitales and a new classification of the gourd family (Cucurbitaceae)”, Taxon 60: 122–138, http://www.umsl.edu/~renners/Schaefer%26Renner_Cucs_Taxon2011.pdf 
  2. ^ a b c Kocyan, A.; et al. (2007), “A multi-locus chloroplast phylogeny for the Cucurbitaceae and its implications for character evolution and classification”, Mol Phylogenet Evol 44 (2): 553-77, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17321763 
  3. ^ 従来 Melothria がスズメウリ属と訳されてきたが、アジアの種は Zehneria に分離された。詳細は Schaefer & Susanne (2011)。
  4. ^ Renner, S. S., Schaefer, H.; Kocyan, A. (2007). “Phylogenetics of Cucumis (Cucurbitaceae): Cucumber (C. sativus) belongs in an Asian/Australian clade far from melon (C. melo)”. BMC Evolutionary Biology 7: 58–69. doi:10.1186/1471-2148-7-58. 
  5. ^ a b 参考: http://www2.mmc.atomi.ac.jp/web01/Flower%20Information%20by%20Vps/Flower%20Albumn/ch5-wild%20flowers/suzumeuri.htm#melothria