キキョウ目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キキョウ目
クロンキスト体系
Flowers 5231.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: キキョウ目 Campanulales
学名
Campanulales
Rchb. (1828)

本文参照

キキョウ目 (Campanulales) は被子植物のひとつで、キキョウ科タイプ科とするもの。分類体系によって含まれる科は異なる。

分類[編集]

APG植物分類体系[編集]

APG植物分類体系ではキキョウ科がキク目に入れられているため、キキョウ目の名称は使わない。

クロンキスト体系[編集]

クロンキスト体系では7科を含みキク亜綱に属する。約2500種からなる[1]

被子植物門 Magnoliophyta
双子葉植物綱 Magnoliopsida
キク亜綱 Asteridae
キキョウ目 Campanulales

ダールグレン体系[編集]

ダールグレン体系ではキク上目の中に置き、3科を含む。

被子植物綱
双子葉植物亜綱 Magnoliidae
キク上目 Asteranae
キキョウ目 Campanulales

新エングラー体系[編集]

新エングラー体系ではキク科をここに含め、双子葉植物でもっとも進化の進んだグループであるとした。

被子植物門 Angiospermae
双子葉植物綱 Dicotyledoneae
合弁花亜綱 Sympetalae
キキョウ目 Campanulales
  • キキョウ科 Campanulaceae
  • ナガボノウルシ科 Sphenocleaceae
  • ユガミウチワ科 Pentaphragmataceae
  • クサトベラ科 Goodeniaceae
  • ブルノニア科 Brunoniaceae
  • スティリディウム科 Stylidiaceae
  • カリケラ科 Calyceraceae
  • キク科 Compositae

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 馬渡峻輔・加藤雅啓・岩槻邦男 『バイオディバーシティ・シリーズ 植物の多様性と系統』 裳華房1997年10月20日ISBN 978-4-7853-5825-9