カリケラ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリケラ科
Boopis bupleuroides.jpg
分類
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
: キク目 Asterales
: カリケラ科 Calyceraceae
学名
Calyceraceae
R.Br. ex Rich.

カリケラ科(Calyceraceae)はキク目に属する被子植物の科の一つ。アンデス山脈南アメリカ南部の温帯に分布する草本からなる。

は互生。は小型で、キク科マツムシソウ科に似た頭状花序をつくる。5数性の虫媒花で、花冠は筒状、子房下位。果実種子を1個含む痩果で、がくと花冠が宿存する[1]

本科はキク科姉妹群である。クロンキスト体系では単独のカリケラ目としたが、キク科やキキョウ科に近縁とする考えも有力だった。

分類[編集]

4-6属に約60種が属する[2]。花粉の形態からは2つのタイプに分けられる[3]

脚注[編集]

  1. ^ Watson, L., and Dallwitz, M.J. 1992 onwards. “Calyceraceae”. The families of flowering plants: descriptions, illustrations, identification, and information retrieval. Version: 19th August 2014.. 2014年12月21日閲覧。
  2. ^ Calyceraceae in PlantList”. 2014年12月21日閲覧。
  3. ^ a b Palazzesi, Luis, Viviana Barreda, and María Cristina Tellería. (2010). “First fossil record of Calyceraceae (Asterales): Pollen evidence from southern South America”. Review of Palaeobotany and Palynology 158 (3): 236-239. doi:10.1016/j.revpalbo.2009.09.003.