バイカウツギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バイカウツギ
Philadelphus satsumi2.jpg
バイカウツギ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 Eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 Core eudicots
階級なし : キク類 Asterids
: ミズキ目 Cornales
: アジサイ科 Hydrangeaceae
: バイカウツギ属 Philadelphus
: バイカウツギ P. satsumi
学名
Philadelphus satsumi
Siebold ex Lindl. et Paxton (1852)
シノニム

P. coronarius var. satsumi
P. coronarius

バイカウツギ (Philadelphus satsumi) とはアジサイ科の植物の一種(シノニムP. coronariusP. coronarius var. satsumi)。別名サツマウツギ

落葉低木の一種で、16世紀、神聖ローマ帝国の使者オジェール・ギスラン・ド・フズベックによってヨーロッパに紹介された。1597年にはジョン・ジェラードの庭で大量に栽培されていたことが確認されている。ヨーロッパには早くから帰化したようで、現在では南東ヨーロッパや小アジアが原産とされる。日本では本州、四国、九州に分布する。鑑賞用に植栽され6-7月頃に白い花を咲かせる。名前の由来はウメに似た花を咲かせることから。ライラックと混同されていた時期があり、共に牧神パンの笛という意味の言葉Syrinxに由来するシリンガという名前で呼ばれ、一つの属にくくられていた。花は香水の材料として採用される。

園芸植物としては匂いが特色とされ、品種の改良はあまり進展しなかった[1]。葉を飲み物に入れるとキュウリの匂いがする。匂いをかぐことによって酩酊したような気分になる人もいる。ジェラードはバイカウツギの匂いの為に眠れなかったことがあると述懐している。またE・A・ボウルズによって花粉症の原因となることが指摘されている。

A bloom 001be wp.jpg

脚注[編集]

  1. ^ RHS A-Z encyclopedia of garden plants. United Kingdom: Dorling Kindersley. (2008). pp. 1136. ISBN 1405332964. 

参考文献[編集]

  • アリス・M・コーツ「花の西洋史事典」(八坂書房)