フユボダイジュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フユボダイジュ
Tilia-cordata2.JPG
フユボダイジュ
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ビワモドキ亜綱 Dilleniidae
: アオイ目 Malvales
: シナノキ科 Tiliaceae
: シナノキ属 Tilia
: フユボダイジュ T. cordata
学名
Tilia cordata Mill.
和名
フユボダイジュ
英名
Small-leaved Lime
Tilia cordata

フユボダイジュ(冬菩提樹、学名:Tilia cordata Mill.)とはシナノキ科シナノキ属植物の一種[1]

分布[編集]

ヨーロッパからコーカサスに分布する。

特徴[編集]

落葉高木。高さ30mに達する。葉はナツボダイジュのような有毛は少なくざらつきはない。 葉は長さ5cm程度と小さく、葉や花はハーブとして用いられるほか、の代用品としても利用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フユボダイジュ 米倉浩司・梶田忠 (2003-) 「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)

関連項目[編集]