サーレマー島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーレマー島の位置

サーレマー島エストニア語Saaremaa)はバルト海にある、エストニアで最も大きい島。別称、エーゼル島ドイツ語スウェーデン語Ösel)。

概要[編集]

面積は2,673 km²。人口は約40,000人。北にヒーウマー島、北東にムフ島がある。サーレマー島はサーレ郡を構成し、中心都市は南岸にある人口14,919人(2006年)のクレッサーレである。 サーレマー島の名前の由来は、エストニア語で島(saar)の土地(maa)から。 ラトビアとの間にイルベ海峡がある。

歴史[編集]

紀元前660年頃に形成され、フィンランド神話にも伝えられたカーリ・クレーターがあることで知られる。

北方十字軍の後、デンマークスウェーデンロシア帝国と支配者を代えた。第一次世界大戦中にドイツ軍がアルビオン作戦を展開した際、北岸に上陸して島を占領した。第一次世界大戦後は、エストニア領として帰属した。

外部リンク[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「サーレマー島」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア
Northern-Europe-map-extended.png この「サーレマー島」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ