ニシン科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニシン科
Herring2.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: ニシン目 Clupeiformes
: ニシン科 Clupeidae
学名
Clupeidae Cuvier1816

ニシン科(Clupeidae)はニシン目の科の一つ。世界のほとんどの海域に分布し、水産資源、食用魚として極めて重要な存在である。口は体の先端にあるか、やや上向きについている。歯の発達は悪く、プランクトン食性。少数の例外を除き、腹部に稜鱗をもつ。多くの種類は体長25cm未満。

分類[編集]

4亜科に約50属200種が属する。

かつての体系では本科は次の6亜科に分けられていたが、2014年に上の4亜科に再編された。

  • ウルメイワシ亜科 Dussumieriinae - 4属12種。ウルメイワシ・キビナゴなどが所属する。W字型をした腹部稜鱗が特徴。
  • Sundasalanginae - 1属7種。体は細長く、鱗がない。胸鰭には鰭条がない。
  • Pellonulinae - 23属44種からなり、そのほとんどが西アフリカの湖や河川に分布する淡水魚である。上主上顎骨は1つで、腹鰭の前後には稜鱗がない場合が多い。
  • ニシン亜科 Clupeinae - 16属72種。上主上顎骨は2つあり、腹鰭の前後に稜鱗をもつ。
  • ニシンダマシ亜科(アロサ亜科)Alosinae - 7属31種。口は端位にあり、上顎に明瞭な溝をもつ。
  • コノシロ亜科(ドロクイ亜科)Dorosomatinae - 6属22種。口は下向きについている。背鰭の最後の鰭条が糸状に細長く伸びる場合が多い。

系統[編集]

次のような系統樹が得られている[2]



ニシン亜科




Platanichthys



Ehiravinae

Clupeonella




Gilchristella +Sauvagella




Ehirava




Sundasalanx




Clupeichthys



Clupeoides








ニシンダマシ亜科


ニシイワシ



マイワシ属





ニシンダマシ属



スミツキニシン属




コノシロ亜科

Pellonulini




Rhinosardinia






Gudusia



Tenualosa




Anodontostomatini





エトマロサ・フィンブリアタ




Dorosoma



サッパ属ミズン属コノシロモドキ属











脚注[編集]

  1. ^ Ehiravinae in fishbase”. 2015年3月5日閲覧。
  2. ^ a b c Lavoué, Sébastien, Peter Konstantinidis, and Wei-Jen Chen. (2014), “Progress in Clupeiform Systematics”, Biology and Ecology of Sardines and Anchovies 
  3. ^ Roberts, Tyson R. (2008). "Minyclupeoides dentibranchialus, a new genus and species of river herring from the lower Mekong basin of Cambodia (Teleostei: Clupeidae: Pellonulinae)". Raffles Bull Zool 56: 125–127. 
  4. ^ Wilson, Anthony B., Guy G. Teugels, and Axel Meyer. (2008). "Marine incursion: the freshwater herring of Lake Tanganyika are the product of a marine invasion into West Africa". PLoS One 3 (4): e1979. doi:10.1371/journal.pone.0001979. 
  5. ^ Lavoué, Sébastien, et al. (2013). "Mitogenomic evidence for an indo-west pacific origin of the clupeoidei (Teleostei: Clupeiformes)". PloS one 8 (2): e56485. doi:10.1371/journal.pone.0056485.