ニシン目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニシン目
Anchovy closeup.jpg
カタクチイワシ科の1種(Anchovia clupeoides
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : ニシン上目 Clupeomorpha
: ニシン目 Clupeiformes
下位分類
本文参照

ニシン目: Clupeiformes)は、硬骨魚類の分類群の一つ。2亜目5科84属364種で構成され、イワシニシンサッパコノシロなど、漁業資源として重要な魚種を多数含んでいる。

概要[編集]

ニシン目魚類には熱帯から温帯にかけての沿岸域に分布する種類が多く含まれるが、寒帯の海や汽水域に分布するニシン産卵のため河川を遡上するエツなど遡河性の魚類もいる。また、日本産ではないが一生を淡水で過ごす種類もいる。日本の近海には26種が分布し[1]、いずれも漁獲対象として重要である。体長10-30cmほどのものが多いが、オキイワシは全長1mほどになる。

体型は細長い円筒形のものや、植物ののように左右に平たいものがいる。胸鰭は腹側に偏り、背鰭は1つだけである。は全て軟条からなり、棘条(とげ)は発達しない。各鰭は体に対して小さく、遊泳力が高い。速く泳ぐ時は体の後半部を激しく振って泳ぐ。アジ科魚類と同様に、稜鱗(りょうりん)と呼ばれる硬い突起をもつ独特な鱗を腹部にもつ種類が多い。体色は背面が青や灰色、体側から腹部にかけては銀白色になっているものが多く、これは光が差す水中で保護色となる。第四脳室外側陥凹(Recessus lateralis)と呼ばれる部位をもち、これは他の魚類にはみられないニシン目の解剖学的な特徴である。

群泳するマイワシSardinops sagax

群れを作って環境や季節に応じた回遊をしながら生活するものが多い。特にマイワシニシンなどは海面が黒く染まるほどの大群を作ることがある。

おもな食べ物はプランクトンで、口を開けて海水ごと吸い込み、にある鰓耙(さいは)でプランクトンを濾過摂食する。ニシン目魚類のはあまり発達していないが、プランクトンを捕捉する鰓耙は状によく発達する。ただしオキイワシは犬歯状の鋭い歯を持ち、他の魚を捕食する。

天敵イカサメアジカマスマグロクジライルカ、人間など多岐にわたり、海の食物連鎖で重要な位置を占める。これらの天敵に遭うと密集隊形を作り、一斉に同調して泳いで敵の攻撃をかわす。この時に他の個体とぶつかることはない。

多くが重要な食用魚となっており、巻き網定置網刺し網などで多量に漁獲される。食用の他にも釣り餌飼料肥料などに利用される。

分類[編集]

ニシン目はデンティケプス亜目とニシン亜目の2亜目の下に、5科84属364種が記載される[2]。現生種は1種を除きすべてニシン亜目に所属している。

デンティケプス亜目[編集]

デンティケプス亜目 Denticipitoidei は1科1属1種のみからなる単型である。

デンティケプス科[編集]

デンティケプス科 Denticipitidae は1属1種。現生種としては Denticeps clupeoides のみで構成される。本種はナイジェリアカメルーンの河川に分布し、体長6cm程度の小型の淡水魚である。頭蓋骨の表面は微細な突起で覆われる。完全な側線をもち、尾鰭の鰭条は16本。第四脳室外側陥凹の構造は、他のニシン目魚類と比べて原始的である。タンザニア中新世の地層からは Palaeodenticeps tanganikae化石が見つかっており、本科に属する絶滅種と考えられている。

  • デンティケプス属 Denticeps

ニシン亜目[編集]

ニシン科魚類の化石種(Knightia alta)。本属の化石は北アメリカ西部と中国から発見されている

ニシン亜目 Clupeoidei は4科83属363種で構成される。デンティケプス亜目とは異なり側線はあまり発達せず、側線鱗ももたない。尾鰭を構成する鰭条は19本。本亜目の魚類は浮き袋の形態に多様性がみられ、細い管を介して内耳とつながるなど特殊な構造をもつ場合もある。

ヒラ科[編集]

ヒラ科 Pristigasteridae は2亜科9属34種からなる。世界の熱帯亜熱帯海域に分布し、一部に淡水産種を含む。多くは上向きの口をもち、顎の歯は小さい。腹鰭をもたない種類がある。第三下尾骨に切れ込みをもつなど、他のニシン目魚類にはみられない骨格上の特徴がいくつかある。

  • ヒラ亜科 Pelloninae 5属23種。上顎の構造により分類される。
    • ヒラ属 Ilisha
    • ペローナ属 Pellona
    • Chirocentrodon
    • Neoopisthopterus
    • Pliosteostoma
  • Pristigasterinae 亜科 4属11種。第一肋骨にみられる突起が、他の硬骨魚類にはない特徴となっている。
    • Odontognathus
    • Opisthopterus
    • Pristigaster
    • Raconda

カタクチイワシ科[編集]

カタクチイワシEngraulis japonicus)。寿命は2年程度で、春と秋に産卵期を迎える

カタクチイワシ科 Engraulidae は2亜科16属139種で構成される。ほとんどは三大洋に広く分布する海水魚で、重要な食用魚種を多数含んでいる。17種の淡水産種が知られ、南アメリカを中心に分布する。ニシン科とは異なり、本科魚類の化石種は極めて少数しか知られていない。

上顎骨の後端は眼の位置よりもずっと後ろまで伸びている。吻(口先)はややとがり、下顎よりも前に突き出ていることが多い。顎の歯の発達は種によってさまざまである。ほとんどはプランクトンを餌にしているが、一部に魚食性の種類がある。

  • エツ亜科 Coiliinae 5属47種。腹鰭の前後に稜鱗をもつ。臀鰭が長く、エツ属では尾鰭と連続する。
    • エツ属 Coilia
    • オオイワシ属 Thryssa
    • ツマリエツ属 Setipinna
    • Lycothrissa
    • Papuengraulis
  • カタクチイワシ亜科 Engraulinae 11属92種。腹部の稜鱗は腹鰭の前方だけにある。臀鰭は短い。ほとんどの種類は南北アメリカ大陸の沿岸に分布する。
    • アンチョビア属 Anchovia
    • インドアイノコイワシ属 Stolephorus
    • カタクチイワシ属 Engraulis
    • ギンオビイワシ属 Anchoviella
    • タイワンアイノコイワシ属 Encrasicholina
    • トガリイワシ属 Anchoa
    • 他5属

オキイワシ科[編集]

オキイワシ科 Chirocentridae は1属2種。体長1mに達することもある大型の捕食魚で、インド洋と西部太平洋に生息する。体は細長く、左右に平べったい。顎には牙のような鋭い歯を備える。腹鰭はごく小さく、腹部稜鱗は成魚ではほとんどみられない。

  • オキイワシ属 Chirocentrus

ニシン科[編集]

マイワシSardinops sagax)。食用のみならず、飼肥料としての需要も大きい。寿命は5-6年ほど
ニシンダマシ亜科の1種(Brevoortia tyrannus

ニシン科 Clupeidae は6亜科57属188種で構成される。世界のほとんどの海域に分布し、水産資源として極めて重要な存在である。

口は体の先端にあるか、やや上向きについている。歯の発達は悪く、プランクトン食性。少数の例外を除き、腹部に稜鱗をもつ。多くの種類は体長25cm未満。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本の海水魚』 pp.91-93
  2. ^ Nelson JS (2006). Fishes of the world (4th edn). New York: John Wiley and Sons. 

参考文献[編集]

外部リンク[編集]