カマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カマス科
3875 aquaimages.jpg
オニカマス Sphyraena barracuda
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 新鰭亜綱 Neopterygii
上目 : 棘鰭上目 Acanthopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : サバ亜目 Scombroidei
: カマス科 Sphyraenidae
: カマス属 Sphyraena
英名
Barracudas
下位分類
本文参照

カマス(魳)は、スズキ目サバ亜目カマス科学名Sphyraenidae)に分類される魚類の総称。カマス科はカマス属のみ1属で構成され、オニカマスなど少なくとも21種が記載される[1]バラクーダ(Barracuda)という英名でも知られている。

分布・生態[編集]

カマス科の魚類はすべて海水魚で、太平洋インド洋大西洋熱帯亜熱帯域に幅広く分布する[1]。主に沿岸域に生息し、サンゴ礁岩礁の周囲で群れを形成し、活発に泳ぎ回る。食性魚食性で、イワシなど他の魚類を貪欲に捕食する[2]。ヒトに対して攻撃性を示す魚類の一つであり、一部の地域ではサメよりも危険な存在と捉えられている[1][3]

ほとんどの種類が釣魚あるいは食用魚として利用され、定置網延縄などで漁獲される。肉は白身で淡白だが、生では水っぽく柔らかいため、刺身で食べられることは少ない。ほとんどが干物塩焼きから揚げなどに加工される。

形態[編集]

カマス科の仲間は細長い円筒形の体型をもち、全長は20-30cmほどの種類から2mに達することもあるオニカマスまでさまざまである[2]。口は大きく、やや突き出た下顎には鋭く強靭な歯を備える[1]側線がよく発達する一方、鰓耙はないか退化的[1]

背鰭は2つあり、互いの間隔は広く離れている[1]。前方の背鰭は5本の棘条からなり、後方は1棘9軟条[1]。胸鰭は体側のやや低い位置にある[1]。近縁のタチウオ科とは異なり、小離鰭をもたない[1]椎骨は24個[1]

分類[編集]

カマス科にはNelson(2006)の体系において1属21種が認められている[1]。本体系はカマス科をサバ亜目で最も原始的なグループとして位置付けているが、本科をサバ亜目から除外する見解も多い[4][5]。本稿では、FishBaseに記載される1属26種についてリストする[2]

タイワンカマスSphyraena flavicauda)。インド太平洋に広く分布し、水平方向に長い群れを作る[6]
オオメカマスSphyraena forsteri)。和名の通り大きな眼が特徴

主な種類[編集]

  • アカカマス Sphyraena pinguis (英:Red barracuda)
全長50cm。和名のとおり体が赤っぽく、体側に1本の黒い縦縞がある。腹鰭が背鰭より前にある。はヤマトカマスと比べて大きい[6]。西日本から南シナ海まで分布する。
  • ヤマトカマス Sphyraena japonica (英:Japanese barracuda)
全長35cm。アカカマスに比べて小型で、体色は青味がかり、体側の縦帯を欠く。腹鰭は背鰭と同じか、やや後方に位置する。鱗は小さく剥がれやすい。アカカマスに対して「ミズカマス」とよばれることもある。西日本から南シナ海まで分布する。タチウオの仕掛けに掛かることがある。
  • オニカマス Sphyraena barracuda (英:Great barracuda)
全長180cmに達する大型種。世界中の熱帯海域に広く分布する。食用にされていたが、産地によってはシガテラ毒シガトキシン)を持つため、バラムツアブラソコムツイシナギと並び、食品衛生法により販売禁止となっている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.430-431
  2. ^ a b c Sphyraenidae”. FishBase. 2011年7月17日閲覧。
  3. ^ 『海の動物百科3 魚類II』 p.106
  4. ^ 『魚学入門』 pp.45-46
  5. ^ 『The Diversity of Fishes Second Edition』 p.306
  6. ^ a b 『日本の海水魚』 pp.652-655
  7. ^ 日本産魚類の追加種リスト”. 日本魚類学会. 2011年7月17日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]