アカメ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アカメ科
Lates japonicus.jpg
アカメ Lates japonicus
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
亜目 : スズキ亜目 Percoidei
: アカメ科 Latidae
英名
Lates perch
3属11種(本文参照)

アカメ科 Latidae は、スズキ目・スズキ亜目の下位分類群の一つ。スズキに似た大型肉食魚のグループで、アフリカインド太平洋で3属11種のみが知られる。

かつてはセントロポマス科 Centropomidaeアカメ亜科 Latinae として分類されていたが、亜科が科に昇格した。

特徴[編集]

大きさは種類によって異なるが、スズキ目魚類としては大型種が多く、バラマンディナイルパーチは全長2mに達することもある。口は大きく、下顎が上顎より前に出る。第一背鰭は3本目の棘条が1・2本目より長く三角形になる。また、体高が高く、尾鰭は円いものが多い。

アフリカの淡水域と、インド太平洋の沿岸域に分布する。アフリカ産では大地溝帯の限られただけに生息する固有種が6種知られる。一方インド太平洋産は温暖な地方の海岸付近に生息し、塩分濃度の差を越えて河と沿岸域を往来する行動がみられる。食性は肉食性で、小魚や甲殻類など小動物を捕食する。

ほとんどが食用・釣りの対象として利用され、特にバラマンディとナイルパーチは周辺地域の重要な食用魚である。

構成種[編集]

  • HypopterusGill, 1861
    • Hypopterus macropterus (Günther, 1859) - 西オーストラリア
  • アカメ属 Lates Cuvier in Cuvier et Valenciennes 1828
    • Lates angustifrons Boulenger, 1906 - タンガニーカ湖の固有種・IUCNレッドリストEN(絶滅危機)
    • バラマンディ L. calcarifer (Bloch, 1790) - 東インド洋・西太平洋熱帯域
    • アカメ L. japonicus Katayama et Taki, 1984 - 西日本太平洋岸の固有種(静岡県-種子島屋久島)・環境省レッドリストEN(絶滅危惧IB類)
    • L. longispinis Worthington, 1932 - トゥルカナ湖の固有種・IUCNレッドリストDD(情報不足)
    • L. macrophthalmus Worthington, 1929 - アルバート湖の固有種・IUCNレッドリストEN
    • L. mariae Steindachner, 1909 - タンガニーカ湖の固有種・IUCNレッドリストVU(危急)
    • L. microlepis Boulenger, 1898 - タンガニーカ湖の固有種・IUCNレッドリストEN
    • ナイルパーチ L. niloticus (Linnaeus, 1758) - アフリカ熱帯域・各地に移入されている
    • L. stappersii (Boulenger, 1914) - タンガニーカ湖の固有種・IUCNレッドリストLC(軽度懸念)
  • アカメモドキ属 Psammoperca Richardson 1848
    • アカメモドキ Psammoperca waigiensis (Cuvier, 1828) - 東インド洋・西太平洋熱帯域

参考文献[編集]

  • Latidae - Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2008.FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version(09/2008).