ナルヴァ川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ナルヴァ川
ナルヴァ川 1999年9月11日撮影
ナルヴァ城(左奥)とイワンゴロド城
延長 77 km
水源の標高 30 m
平均流量 400 /s
流域面積 53,000 km²
水源 ペイプシ湖
河口・合流先 フィンランド湾
流域 エストニアロシア
テンプレートを表示

ナルヴァ川エストニア語:Narva jõgi)は、ペイプシ湖からエストニアナルヴァロシアイワンゴロド両市の間を流れフィンランド湾に注ぐ、両国の国境線となるである。1956年にナルヴァ貯水湖(貯水量:191km2)が造られた。川の全長は75km、川幅の平均は300m水深は5mで、最大の支流はプリュッサ川である。

ナルヴァ文化とナルヴァ市の名前の由来となった。

支流[編集]

関連項目[編集]


Northern-Europe-map-extended.png この「ナルヴァ川」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ