高速魚雷艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノルマンディー上陸作戦で敵襲に備える高速魚雷艇

高速魚雷艇(こうそくぎょらいてい、Motor Torpedo Boat)とはアメリカ海軍イギリス海軍カナダ海軍ノルウェー海軍で使用された魚雷艇の呼称。イギリス海軍で大規模な運用がなされていたことから正式名称からイニシャルをとってRNボート (Royal Navy boat)、またはMTBと略して呼ばれた。

第二次世界大戦中にアメリカ海軍の有名なPTボート (Patrol Torpedo boat) と呼ばれる哨戒魚雷艇があったが、このPTボートも高速魚雷艇に含まれる。

歴史[編集]

魚雷を主武装とする魚雷艇は目標に接近して発射するため、快速と機動力を第一に設計される。そして、高速と機敏さで大型艦からの砲撃を避けることを期待され、ほとんど装甲が施されていなかった。

20世紀初期からイギリスイタリアでこのような艦種の開発に取りかかった。1906年に沿岸駆逐艦として起工され、後に魚雷艇と類別を変更したクリケット (HMS Cricket) は、イギリス海軍で初めて主機に内燃機関を採用した。蒸気機関から内燃機関への移行は出力と速度の向上に繋がり、機関砲など重火器の搭載を可能にしただけでなく小型化という恩恵ももたらし、高速魚雷艇が確立した。

1918年イタリア海軍MAS-15オーストリア=ハンガリーの戦艦セント・イシュトヴァーン (SMS Szent István) を撃沈して、魚雷艇の有効性が再確認された。1937年にボスパー社で起工されたMTB 102は1939年のダンケルクからの撤退(ダンケルクの戦い)や1944年に行われたノルマンディーに上陸(ノルマンディー上陸作戦)する艦隊視察のためチャーチルアイゼンハワーの輸送など、第二次世界大戦で顕著な働きを見せた。

高速魚雷艇は小型ゆえに燃料の搭載量が限られ、沿岸など主に母港から離れていない海域での運用に限定されていた。そのため、航空機の発展と共に活躍の場は失われていった。高速魚雷艇の役割はより豊富な対空火器で対応できる駆逐艦で代替され、戦後は駆逐艦だけでなく対艦ミサイルを主武装とするフリゲートミサイル艇の建造へと切り替わっていった。

イギリス海軍の高速魚雷艇(MTB)[編集]

第1次世界大戦中、イギリス海軍は魚雷艇CMBを整備し、沿海域作戦で活用した。

第1次大戦後はしばらく整備が途絶えていたが、1935年にブリティッシュ・パワー・ボート(BPB)社が18m型艇をイギリス海軍に提案し、採用され、再び整備が始まった[1]。BPB社の18m型艇は当初6隻が発注され、その後量産に移行している[1]。第2次世界大戦の勃発以降はヴォスパー・ソーニクロフト社やフェアマイル社なども建造に参入し、艇自体も21m型や35m型などへ大型化していった他、機動砲艇(MGB)の機能も統合し、砲兵装の重武装化も進んでいった[1]。ドイツのSボートとの交戦の戦訓なども取り入れられている[1]

中華民国におけるMTBタイプ艇の採用[編集]

1930年代の中華民国海軍もイギリスのMTB系の高速魚雷艇の有効性に着目し、ソーニクロフト社製の魚雷艇CMBを導入して長江流域や中国南部沿岸海域などで使用した。日中戦争中、CMBの一部は上海黄浦江日本海軍の第3艦隊旗艦出雲に雷撃を試みている[2]。また、中華民国の海関(税関)当局も、税関監視艇としてBPB社製魚雷艇を非武装仕様で導入しており[2]、長江流域や中国南部沿岸などで密輸監視・取締活動に使用した。中国南部沿岸海域では、大型の監視船「福星[3]に高速監視艇を搭載して広域的に取締活動を行うといった取り組みも行われている[4][5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 「世界の艦船増刊第9集 第2次大戦のイギリス軍艦」 pp.115-122
  2. ^ a b 『日本魚雷艇物語』 p.40
  3. ^ イギリスで建造された3,800総トン級の貨物船を改装したもの。船橋前の前甲板に舟艇揚降用の大型ガントリークレーンを装備し、2番船倉内とその上の上甲板上に舟艇の架台を設けて監視艇数隻を搭載した。のちに日本海軍に捕獲され、特設測量艦「白沙」となる。
  4. ^ 『日本補助艦艇物語』 p.293
  5. ^ 『日本特設艦船物語』 p.195

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「世界の艦船増刊第9集 第2次大戦のイギリス軍艦」(海人社)
  • 今村好信『日本魚雷艇物語 日本海軍高速艇の技術と戦歴』(光人社、2003年) ISBN 4-7698-1091-1
  • 福井静夫『福井静夫著作集 第十巻-軍艦七十五年回想記 日本補助艦艇物語』(光人社、1993年)
  • 福井静夫『福井静夫著作集 第十一巻-軍艦七十五年回想記 日本特設艦船物語』(光人社、2001年)

外部リンク[編集]